×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

61.りとらい

「は……はっ……」

 肺から空気を搾り出して、額の汗を拭う――

 人通りのない裏通りまでやってきて、ようやくアーチャーはその足を止めた。

「……なんとか、逃げ切れた、か……」

 前後左右、果ては上空まで見渡して、アーチャーは慎重にそう呻く。

「いやあ、あんな所に出てくるなんてびっくりよねー」

 緊張感のかけらもない声で凛が笑う。

「そ、そうだな」

 引きつった笑顔を浮かべてみせながら、アーチャーはそれに同意した。

 「じゃあアーチャー」

 ぱんっ、と両手を合わせて、凛はにこやかに続けた。

「もう一回いきましょう?」

 ばったり。






62.壊



「アーチャー起きなさい、アーチャーってば」

 うつぶせに倒れたきりぴくりとも動かないアーチャーをげしげしと足で蹴り倒しながら、凛は困ったように眉を寄せた。

「あーもう……」

 まいった、と言うように、天を仰ぐ。

「ふ……ふふふ……」

 それは、低く暗い笑い声だった。

 凛はぎょっとしたように顔を引きつらせて、足をアーチャーからどけた。

「……ち、ちょっと……?」

 恐る恐る、そう尋ねる。

「ふふふふふふふ――」

 あくまでも倒れたまま、笑い続けるアーチャー。

「……ア、アーチャー……?」

 顔を青ざめさせながらうめき声をあげる凛――

 それを他所に、アーチャーはただ、笑い続けていた。






 

63.ふ

 

「ふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ――」

「ちょ、ちょっとアーチャー、しっかりしなさい。ねえ、アーチャーってば」

 引きつりまくった笑顔で言いながら、凛が必死にアーチャーを起こそうとする。が、大きさが違いすぎるせいか、ぴくりとも動いてはいなかった。

「ああもう、やりすぎたのは悪かったわよ」

 がしがしと頭をかきつつ、そっぽを向いて凛はしぶしぶ言い放った。

 ぴくり、とアーチャーの体が動いて、笑い声が止まる。

「…………ふ?」

「言葉喋んなさいっての」

 げしん、と頭を蹴り飛ばして、凛は半眼で呟く。

「………………………ふふふふふふふふふふ」

「だあああっ! だからやめなさいっ!」

 結局――

 アーチャーは、もう一度凛が折れるまで、えんえんと笑い続けた。






 

64.その程度

 

「…………全く」

 ぶちぶちとアーチャーの頭の上で愚痴りながら、凛は腕を組んで前を見据える。

「とんだ道草になっちゃったじゃないの馬鹿アーチャー。さっさといくわよ!?」

「それは……私のせいなのかね……?」

 なんとか反論出来るくらいまでには回復したのか、アーチャーは道を歩きながらのろくさと呟いた。

「え、何か言った?」

「いや特には」

 しれっと言い切り、すたすたと道を歩く。

「ほら、さっさと進みなさい」

 ぺしっと頭を叩く凛に、アーチャーは恐る恐る聞き返した。

「……もう、ティッシュは買わなくていいのかね……?」

凛はえ? と聞き返したあと、あっさりと、

「ああもう、いいわよめんどいくさいし。どうせネタだし、よくよく考えたら士郎におみやげなんて別にいらないでしょ」

「……………………………………………」



65.苛立ち

 

「ふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ――」

「あーもう! だから寝たまま笑うんじゃないっ!」

 再びばったりと地面にうつ伏せに倒れたアーチャーに向かって凛が怒鳴る。

「そうだ……そうだったんだ……私の時もそんな感じの扱いで…………………」

 ぼそぼそとなにやら呟いているが、凛には聞こえていないらしい。わめきながら、げしげしと蹴り飛ばしている。全くもう、と額の汗を拭い、凛は呻いた。

「……ああもう、何ぶつぶつ言ってんの」

「…………………いや。何でもない」

 斜めに傾き、地面に視線を向けたまま呻くアーチャー。

「ところで凛」

「え、なに?」

 きょとんとして聞き返す凛に、アーチャーはさりげなく尋ねた。

「今後──衛宮士郎とどういう関係を築いていくのか、何かこう、プランのようなものはあるのかな……?」

「……………。」

 ──凛は沈黙した。

「……凛?」

 不安になったのか、僅かに視線を上へと向け、アーチャーが尋ねる。

 凛は小さくくすりと笑うと、

「ふうん? つまりこういうことかしら。アーチャーはわたしが士郎とくっつけばいいとか、そんなこと思っているの?」

「……い、いや。そう言う訳ではないのだがな。あくまで可能性の一つとして──」

「……ああ、そうっ」

 苛立たしげにそういい捨て──凛は腕を組んで、ぷいとそっぽを向いた。

 

66.思い

 

「…………ええと、凛……?」

 そっと、おずおずと声をあげるアーチャー。

「…………。ふぅ……」

 わずかな嘆息が頭上から響いてくる。

「……ううん、なんでもない。行きましょう、アーチャー」

 そう呟く声には、何故か疲れたような響きが。

「あ、ああ……」

 曖昧に頷き、それでも歩みを再開する。

「ね、アーチャー」

 そう囁きかける声は、僅かに儚げに。

「──何だね」

 そう尋ねる声は、ややぶっきらぼうに。

「もし……もしわたしが士郎と、その……一緒になったら」

 一瞬、言葉に詰まってから、凛はそっと尋ねた。

「その時は──貴方は祝福してくれるの?」

「…………」

 沈黙。

 黙ってアーチャーは道を歩んでいく。

「……アーチャー?」

 いい加減じれて、凛が聞き返す──その、まさに同時。

「────……そうだな」

 アーチャーは呟いた。

 誇らしげに。悲しげに。そして──真っ直ぐに。

「それで君が幸せなら。後悔しないと言うのなら──祝福させてもらうよ、凛」

 呟き、そっとポケットを漁る。

 その掌の中には、赤いペンダントが鈍い光を放っていた。

 

 

67.責任の所在

 

「あ、見えた見えた」

 ぽつりと凛が呟いた。

「ああ、あそこだな」

 アーチャーの指差した先には、一軒の純和風の建物があった。衛宮士郎の屋敷である。

 心底安堵したようなアーチャーの嘆息を他所に、凛はつまらなそうな表情で、段々と近づいてくる屋敷を眺めていた。が、唐突に何かを思いついたのか、『ぱんっ』と両手を打ち合わせると、

「あ、アーチャー」

「……なにかな」

 嫌な予感でも感じたのか、慎重に尋ねるアーチャー。

 凛はぴっと指を一本立てて、

「なんだか家の鍵閉めたか不安になってきたから一旦帰りましょう?」

「猫一匹寄り付かない家なんだから何も問題はなあああい!」

 そう叫んでアーチャーは、全力で屋敷との距離を縮めていった――

 

68.ぎりぎりアウト

 

「ふ、ふふふふふ……」

 口の中で笑いながら、アーチャーはただひたすら感激していた。

「長い……長い道のりだったさ……だが、ついに! ついに着いた……! 誰にも見つかったり捕まったり色々する前に着いた! 見たかね凛、これが私の実力というやつで――」

「ママー、へんたいさんがいるよー」

「しっ、みちゃいけません」

 そして。

 男泣きに泣いているアーチャーの後ろの道を、一組の親子が通り過ぎていく……

「……ぎりぎりアウト、ね」

 ぼんやりと、やる気のない声で呟く凛。

「……………………………………………………」

 ガッツポーズを取ったまま、ぴしりと固まったアーチャー。

「ねえ、なんであのひとあんなかっこうなのー?」

「世の中にはそういう人もいるのよもしもし警察ですか?」

「…………………………………………………………………」

 ひゅるりと風が吹き、アーチャーのエプロンを舞い上げる。赤のビキニパンツがちらちらとのぞく。

「………実力?」

 ぼそりと呟く凛。

「…………………………………………………………………………………」

 

69.変コンビ

 

衛宮士郎は台所で夕飯の支度をしていた。ガスコンロの上には大きな鍋が鎮座しており、中には卵や厚揚げ、大根などが入っている――どうやら今日のメニューはおでんのようだ。

「ん、よしっ」

 小皿に出汁をとり、一口なめ取ってから士郎は小さく頷いた。と。

 ふいにチャイムが鳴り、士郎は振り返った。

「はーい」

 大きく叫び、エプロンを手早く外して玄関へ。

「どちら様ですかー?」

 言いながら士郎は扉を開けた。

 そこには――

「…………ふん」

 やたら不機嫌そうな、ネコ耳裸エプロンのアーチャーと。

「や……やっほー」

 その頭の上に乗っている、やたら小さな姿の凛がいた――

 

70.全力門前払い

 

「…………」

「…………」

「…………」

 沈黙。三人は向かい合ったまま言葉を発することなく固まっている……

「………………………ええと、士郎? これには深い理由がね?」

 愛想笑いを浮かべて凛がそう言いきる、その前に。

 がらっ、ぴしゃん!

 士郎は視線を限界まで逸らしながら、全力で扉を閉めた。

「…………」

「…………」

 取り残された二人は、どうリアクションをしていいものかと、固まっている。

「……………なあ、凛」

「……………なに、アーチャー」

 ぼそりと呟いたアーチャーに、やはりぼそりと凛は返す。

「……………そろそろ本気で、くじけそうなのだがな……」

「……………偶然ね……わたしもよ……」

 そして、衛宮家の招かれざる客は、玄関の前で二人して涙するのだった。











NEXT

BACK

SS TOPへ