×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

12.

 

 バカンッ!

 粉雪の舞う中、トランクケースの蓋が開く。

 ジァラ……っ!

 凛の手の中に、宝石が握りこまれる。

 ばら……っ!

 トランクケースの隅に入っていた一枚の羊皮紙を広げる。そこに描きこまれていたのは恐ろしく緻密な魔方陣。それをイリヤとトランクケースの中間に置く。

(イリヤ……これが貴女の望んだ結末だって言うの……?)

 人差し指を噛み切り、滲み出た血を魔方陣の上へと垂らす。

Anfang(セット)────!」

 呪文が紡がれる。

 光が、舞い上がる──

(もしそうだとしたら、そんなのわたしは絶対に認めない)

 きぃぃぃぃぃぃぃぃ…………

 白の光が膨れ上がる。

 イリヤの体。

 トランクケースの中身。

 そして。

「こんな結末なんて──、許さないんだからね!」

 光が──、膨れ上がって──

 

 

 

 

 

 

13.

 

白。

白。

 ……白。

 無数の白い光が空一面に広がっていた。

「きれい、だなあ……」

 呟きは虚ろに響いて、消える。

それは──雪だった。

眩しいほどに明るくはなく、

消えそうな程に儚くはない、

白い、小さな光だった──

 

 

 

なに、これ

 

 

 

――覚えていてくれる。

この人なら。

シロウなら、きっとわたしがいなくなっても覚えていてくれる。

そのことが、すごく実感できて。

……暖かくて。

本当に……嬉しかった。

――うん、だから。

だからね、シロウ。

 

――わたしには、もう、怖いものなんて何もないんだよ?

 

 

 

これ……イリヤの記憶?

 

 

 

――月がないために辺りは暗く、風がないために草が揺らぐことはなく、誰もいないためにただひたすら――

 

「成る程。まあそちらの事情はわかった」

「はい」

「うん、まあね。ちょうどいいって言えばいいんだよ。――いやね、依頼されるってのはどうも性にあわなくてね。だから、今下の部屋に、完成してる奴がある。それを売って上げよう」

「そうですか。ありがとうございます」

「ああ、貴女。少しいいかな」

「その前に、少し、ね。聞きたいことがあるのだけれど――」

 

――静か。

 

 

 

混ざる──

 

 

 

「……今なんと――」

「ああ、ごめ――」

「耳までとは何で――」

「もう一度、依頼内容を――」

「――封印指定の人形使いに接触したいのよ」

 

 

 

わたしの記憶と、イリヤの記憶──

 

 

 

 ――――ところで凛。一つ確認していいかな――

「………いいわ。なに?」

 ――ああ。時間を稼ぐのはいいが――

別に、アレを倒してしまっても構わんのだろう?――

 「アーチャー、アンタ――。ええ、遠慮はいらないわ。がつんと痛い目に合わせてやって、アーチャー」

 ――そうか。ならば、期待に応えるとしよう

 

 

 

 ――どこかで見たようなその表情。

 ――どこかで聞いたようなその(じゅもん)

 ――どこかで見たような、その魔術(ちから)

 ――かちり、と。

 ――頭の中のパズルが組みあがる。

 ――ああ、そうだ。

――簡単なことだった。

 ――そんなの、間違えようがない。あんな魔術、あんな固有結界なんて、使えるのは多分ひとりだけ。

――それに、何より、

 

――――こんな(・・・)笑い方(・・・)()する(・・)ヤツ(・・)なんか(・・・)一人(・・)しか(・・)いる(・・)はず(・・)()ない(・・)()()から(・・)――

 

「貴方……まさか」

 イリヤはふらふらとアーチャーへと歩いていく──まるで何かに吸い寄せられるように。

「ねえ……アーチャー」

 煤で汚れた頬をぬぐいもせずに、信じられないモノを見たというように――ひどく、虚ろな表情で。

「貴方……あなた、まさか――――」

 

 

 

アーチャー、貴方──。

──そっか。そう、だったんだ……

 

 

 

 

 

 

14.

 

 

 

 しゅううううう………ん……

 光が、納まっていく。

 夜の公園。雪の舞う中、白の光はゆっくりとその姿を薄れさせつつあった。

「遠坂先輩……?」

 恐る恐る、桜が後から声をかける。

 三人の姿が光に包まれてから、ずいぶん時間が経った。

「あ……ぅ……」

 凛が呻く。その横顔は、汗でびっしょりと濡れていた。相当消耗しているらしく、意識も虚ろのようだ──目の焦点があっていない。

「先輩! 遠坂先輩!」

「……って、……てる、じゃない……」

「……………え?」

「────違う、って」

 ゆっくりと。

 凛が振り向き、そして笑う。

「──呼び方。違う、って言ってるでしょ」

 ぷい、と。

 視線をそらしつつ、それでも凛は笑う。

「あ……」

「──成功よ。イリヤは……大丈夫」

 言って、トランクケースの中身を見やる。

 そこには。

 以前のイリヤの姿と寸分違わない形の──いや、今やイリヤそのものとなった人形の姿があって──

「う……」

 白い少女の瞼が、そろそろと開く。

「………………り、ん……?」

「はあい。久し振り、イリヤ」

 疲労感を奥へとひた隠し、気丈な笑顔で凛はひらひらと手を振る。

「桜……」

 未だ意識がはっきりとしないのか、ぼんやりと呟くイリヤ。

「はいっ、イリヤちゃん……!」

 目に涙を浮かべて笑う桜。

「どうし、て……?」

 イリヤが朦朧とした意識の中、尋ねる。どうしてここにいるのか、そう質問しているのだろうが──。

「決まってる。わたしが、貴女に生きて欲しいからよ」

 ──どうしてわたしを助けるのか、と。凛はそうとらえたようだった。

 イリヤはその回答に茫然と赤い少女を見上げていたが──やがて、諦めたように、そして呆れたように、微笑んだ。

「うん……そうだね、凛は、凛だもん、ね……」

 そう呟き──そして、かくりと意識を失う。

「イリヤちゃんっ!?」

「大丈夫。気を失っただ、け……?」

 手で桜を制する凛の言葉は、途中で途切れた。

 イリヤの体が、再び光り始めたからだった。

 そして、光がさらに強くなり──

『え…………?』

 二人のうめき声だけが、間抜けに雪の中に零れ落ちた。








NEXT

BACK

SS TOPへ