×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

9.

 

 

 

――ところで凛。一つ確認していいかな――」

……いいわ。なに?

 「ああ。時間を稼ぐのはいいが――」

「別に、アレを倒してしまっても構わんのだろう?」

  アーチャー、アンタ――。

ええ、遠慮はいらないわ。がつんと痛い目に合わせてやって、アーチャー

「――そうか。ならば、期待に応えるとしよう──」

 リリリリリリ………………

「…………んー?」

 ジリリリリリリリリリ……

「……んあ」

 呻いて、ぼんやりとした頭を起こす。

 凛は辺りを見渡した。

 屋敷のリビング──そのソファーの上である。

 どうやら熟睡していたらしい。カーテンの隙間から覗く景色はすっかり暗くなっている。

「……あ、そっか。わたし、疲れてそのまま寝ちゃって……」

 ジリリリリリリリ……

「え、あっ!?」

 叫んで、ようやく何かがなっていることに気づいた。素早くあたりを見渡すと、音の発信源──自分の携帯電話へと手を伸ばした。

「ああもう、そんなにならなくても聞こえてる、聞こえてるから……!」

 うあー、と呻きながらも携帯を開き、そしてそこで止まる。

「……え、と。どこ押すんだっけ。こ、ここ、かなあ……?」

 黙考すること数秒。やがて彼女は恐る恐る、ひとつのボタンを押し──そしてそっと携帯を耳に押し当てた。

「も……もしもし?」

「遠坂先輩ですか……!? もう、なんで出ないんですか、さっきから何度も何度も……!」 

 どうやら押したボタンはあたりだったらしい。スピーカーからは聞きなれた声が飛び込んできていた。

「桜? どうしたの?」

 妙に切迫したような、だが押し殺された声。

 途端に引き締まった表情になり、凛は聞き返した。

『……緊急事態です。とてもまずいです……!』

「だから、何が──!」

『……おじい様とイリヤちゃんが戦っているんです!』

「え?」

 思わず、聞き返した。

『だから、おじい様に、遠坂先輩のこと、やっぱり気づかれてたみたいで──わたし、今まで記憶が抜け落ちていて……それで、それで慌てて遠坂先輩に──』

「……ちっ。やっぱり屋敷に行ったのはまずかったか……って桜、アンタは大丈夫なの? 今どこ?」

 慌てて身を起こし、脱ぎ捨ててあったコートを拾い上げつつ尋ねる。

『公園の近くの道路です。イリヤちゃんもそこにいて……もう二人とも、わたしのことなんか気にも留めていなくって、それで……』

「……公園ね!? わかったわ、わたしも今すぐそっちに向かうから──」

 ぴくりと眉を跳ね上げる。玄関に向かい、トランクを確認。

 唸りながら、玄関の鍵を捻り、慌てて扉を開いて。

「………………ごめん桜、少し遅れるかもしれないわ……」

『え!?』

 低くこぼした凛の言葉に、桜は聞き返してきた。

 

 ブゥゥゥゥゥン……っ

 

 玄関の前には。

 無数の羽虫がその場に停滞している──

 気づけば、ぎり、と歯噛みしていた。

 やられた。

 完全に裏目に出た。

「……こっちも仕掛けられている。なんとか出来るだけ早くそっちに向かうけど、まずい、最悪だわ──いくらなんでも死んだらわたしでもどうしようもないわよ……」

『だ、大丈夫なんですか!?』

「当たり前でしょ。わたしを誰と思っているのよ」

 不敵に笑い捨て、一歩踏み出す。

「じゃあ、また後でね」

 言いきり無造作に携帯を切り、さらに一歩。

「──いい度胸じゃない、蟲風情が」

扉を押し、玄関を抜け、後ろ手に閉めてから彼女は足を僅かに広げた。

「……宝石は温存しないとまずい、か。後のアレに使う……強行突破しかない」

 ち、と再度舌打ち。

 トランクケースの取っ手をぎゅっと握りしめる。

「行くわよ……!」

 そして、彼女は。

 雪の舞う中、魔術刻印を輝かせ始めた──。

 

 

 

 

 

 

10.

 

「はっ!」

 夜の中、白い吐息が舞い上がる。

 

ジジジジジィィ────っ!

 

耳障りな音を立てて、背後から虫の群れが追撃してくる。

(ひとまず人気のないところにいかないと──こんなトコで魔術使って、もし誰かに見られたりしたら……!)

 舌打ちひとつ。魔術は秘匿されなくてはならない──そんな大前提ですら、あの男には通用しないようだった。街中で、全く遠慮なしに蟲を行使してきている。

(こっちはそうもいかないってのに──!)

 頭を抱えたいが、そうもいかない──さらに悪いことには、こちらには大きなトランクケースがあるという点だった。おかげで動きが大幅に制限されてしまう。

(まずい、このままだと、公園にいくまで時間が……)

 どうする。

 どうする──?

 桜は駄目だ。あの子はろくに魔術の訓練もしていない。あてにはならない。

勿論、イリヤが自力であの男を倒せれば、問題はない。

 しかし、弱った体では難しいだろう。

 下手をしたら、もう──

(っ、何考えてるんだわたし……! あの子がそんなに弱いはずがない……きっとうまくやってるはず……!)

 人気がないことを確認してから、くるりと背後を振り返り──同時、呪文を唱えて斬撃を解き放つ。機敏な動作で蟲たちはそれを回避したが、それでも僅かに一部を消滅させた。

「そうだ、士郎──!」

 あの男なら、動ける。

 イリヤを助けにもいける。

 後は時間だけが問題だが──

「携帯、携帯……!」

 コートを漁り、凛は携帯を取り出した。走りながら、なおかつ蟲たちの攻撃を回避しつつ、携帯を操作するのは至難の業だったが──それでもなんとかボタンを押し、耳に押し当てた。

「──っこの……!」

 まとわりついてくる蟲を再度斬撃で撃退しつつ、走る。

呼び出し音が響く。

「出ろ……早く出ろ、あの馬鹿……!」

 舌打ち。と──

 がっ!

 トランクが道路の凹凸に引っ掛かり、大きく跳ねた。それに引っ張られる形で凛の体もまたバランスを崩し、

 どしゃあっ! 

「あっ!?」

 凛は放り出されるように転倒していた。それでも携帯だけは手放さなかったが。

『……はい、衛宮で──』

「──士郎!?」

 痛みも手伝って、思わず叫んでいた。

『うわ、って、遠坂か!?』

「そうよ! いい士郎、アンタ今すぐイリヤを追いかけなさい! 公園にいるから!」

『え? なんでさ?』

「っいいからさっさとしなさいこのアンポンタン! あの子死ぬわよっ!?」

 それだけ怒鳴りつけて、問答無用とばかりに携帯を閉じる。

 素早く立ち上がり、周囲を見渡す──転倒した際にトランクを手放していたが、幸いあちらには蟲は興味はないようだった。一直線にこちらに向かってきている──。

「──ああ、もう、いい。」

 ゆらり……

 体を揺らし、凛は完全に据わったまなざしで蟲の群れを睨みつけた。

「──覚悟しなさい。このわたしを怒らせたらどうなるか、今思い知らさせてあげる……!」

 呻き、魔術刻印を輝かせる……

 幸い、周囲に人影はなかった。

「──Fixierung(狙え),

 そして。

EileSalve(一斉射撃)─────!」

 赤の光が膨れ上がった──。

 

 

 

 

 

 

11.

 

 雪はその強さを一層増してきていた。

 風が白い粉を舞い上げる。

 暗い夜道の中、視界はかなり奪われている──。

「ああもう、なんでこんなコトに……!」

 がらがらがらがら……

 唸り声と共に、何かが転がる音。

 凛である。どことなく全体的にぼろぼろになっているが、無事なようだった。

 公園の傍、道の隅でおろおろとしていた桜は、凛の姿を見つけるとぱっと顔を輝かせた。

「遠坂先輩!こっちです!」

「ごめん桜、完全に裏目に出た。くそ、まさかこんなコトになるなんて……!」

「それを言うならわたしもです。いいからとにかく中に入りましょう……! さっきから音が止んでいて……先輩もさっき飛び込んでいったんですけど……」

 トランクがあるため、早歩きで我慢せざるを得ない──二人は足早に進んでいった。ここにきて雪はますますその激しさを増していた。視界があまり効かない。

「イリヤ、士郎! どこっ!?」

「せんぱーい!」

 声を張り上げる──

「桜!それに、お前遠坂か……!?」

 声のした方へと進むと、そこには士郎がいた。

 鋭く尋ねる。

「……イリヤは? どっち!」

「あ、あっちのほうだ。それより遠坂、俺金縛りにあってて──」

「そのうち解ける! 後!」

 言い捨てて、ざくざくと雪の中を進んでいく。今は士郎にかまっている暇はなかった。

 公園の中は惨憺たる状況になっていた。地面はえぐれ、木は倒され、蟲の死骸が周囲一帯に散乱している。この数の蟲全てをイリヤが倒したのだとすれば──

「相当に消耗しているはず……まずい……!」

「イリヤちゃーん! どこですかー!?」

 桜の声を聞きながら、地面に目を落とす──この辺りには蟲の死骸はあまりなかった。その代わりというわけでもないだろうが、白い雪の上に、点々と赤い模様が付着している──

「これ……!」

「え? あ、これって………」

 桜は絶句したようだった。

「イリヤのでしょ。急ぐわよ」

 凛は素早く囁くと、雪の上のイリヤの血痕をたどり始めた。

「あ、あそこ!」

 桜の声に顔をあげると、30メートル程先に、ひとつの人影があった。

「……行くわよ!」

「は、はい!」

 ざくざくと、さらに雪道を進む。

 そこに倒れていたのは、白い少女。

 イリヤスフィール・フォン・アインツベルンが血みどろで倒れていた。

「イリヤ、ちゃん……!?」

 ひっ、と桜がうめき声をあげて後ずさる。

 少女の体は、最早全身ぼろぼろで。

 傷がない箇所などどこにもないくらい。

 だと言うのに──笑っていた。

 彼女は、柔らかく微笑んでいた──

「……大丈夫、まだ生きてる。気絶してるだけよ」

 どしゃっ。

 トランクを横倒しにし、凛は眼を引き絞る。

「時間がないからここでやるわ。桜、士郎をお願い」

「は、はいっ」

「イリヤ──」

 穏やかな少女の寝顔に、眉根が緩む。

 そっとその頬をなでた。

「……うん、よしっ」

 そして凛は、表情を引き締め、

「やるわよ──!」

 鋭く叫ぶ。

 雪は次第にその勢いをなくし始めていた。








NEXT

BACK

SS TOPへ