×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

夢うつつ

 

 

 

「ふあ……」

大きく開かれた口から、欠伸が一つ零れ落ちる。

ハルヒは眠たげな眼差しでぼんやりと部室を見渡した──いつもならば大抵皆が揃っているはずの部屋には、今日に限って二人しかいない。

──キョンとハルヒ、二人して教室を出て、真っ直ぐここまで来てから大体三十分が経っていた。

「暇ねえ」

 呟いたのはハルヒだった。雑誌に目を落としつつ、頬杖をついている。

 そうだな、とキョンもまた半分ほど眠っているような表情で同意する。

「皆、来ないわね」

「…………」

 キョンは返事をすることなく、ぼんやりとモニターを見ている。

 かくん、と首が折れた。

「ちょっとキョン、聞いてるの?」

 口を尖らせて唸るハルヒ。

「……んあ」

 寝ぼけ眼のまま、キョンはそれでもなんとか返事をする。

「……どした?」

 だから──、とハルヒは辛抱強く繰り返した。

「今日は皆来ないのかしら」

 そうだなあ、とキョンは頷いてから、

「……たまたま皆、用事があって……それが重なってるだけだろ……」

 後が怖いからなー、と半眼で小さく呻いているが、その呟きはハルヒには聞こえなかったようだった。

「ふうん」

 唇に指を当てて、ハルヒはちらりと部屋の扉を眺め見た。

 次にその視線を、部屋の奥へと動かす。

「……んん?」

 視線に気づいたのか、キョンがぼんやりとしたままハルヒの方を向く──が、その寸前に彼女はさっと視線をずらすと、雑誌に目を落とした。

ぱらぱらと数ページほどめくってから、ふと手を止める。

「あ。……ねえ、キョン?」

 『にまーっ』といかにもいいことを思いついたというような笑みを浮かべつつ、ハルヒは席を立った。雑誌をずいっと突き出して、キョンへと近寄っていく。

「次にみくるちゃんに着せる服なんだけど」

 これかこれなんだけどね、と言いつつキョンの隣に立ち、彼女は続けた。

「どっちが似合うと思う?」

「……」

 沈黙。キョンは眠たげな眼差しでハルヒの指し示した服を見て──それからすぐ隣、髪が触れるか触れないかという位置にいるハルヒを、ぼんやりと横目で見た。

「ん?」

 楽しそうににこにこと笑っているハルヒを見て、わずかに苦笑して──

「……そうだなあ」

 うつらうつらとした世界に身を委ねながら、続ける。

「こっちのほうが」

 言いつつ、スチュワーデスの制服を指差して、

「──お前には(・・・・)似合ってるんじゃないか?」

一瞬。

その言葉に一瞬ハルヒはぎょっとキョンを見返した。

「ふ、ふうん?」

 半分ほど裏返った口調でそう頷き、ぱっとキョンから離れる。

 わずかに耳が赤く染まっているようだった。

「キョ、キョンが何言ってるのかよくわからないけど──とりあえず、うん、わかったわ」

 こくこくと頷いているのをぼんやりと眺めながら、

「……おう」

 そう呟いて、キョンは再び眠りの世界へと潜っていき──

「……へへっ」

 意識が途切れる寸前、はにかむようなそんな笑い声が聞こえたような──

 

 

 翌日──

「ふあ……」

 放課後。キョンは欠伸を噛み殺しながら部室の扉を開けた。

「お、今日は長門だけか──って」

 そこまで呟き、そして硬直する。

部屋の中には長門だけがいた。いつものように無表情で、本を読んでいる。ただし──、

「ええと、長門……さん?」

 だらだらと汗をかきつつ、キョンは呻いた。

「どこから……聞いてらっしゃったのかな?」

「……さあ?」

 無表情のまま、そう首をかしげる長門の服は、どこからどう見てもスチュワーデスの制服そのものであり──

「ごめーんキョン遅くなったわ!」 

 そして。背後からやたら元気な声と共にハルヒがやって来た。げ、と顔引きつらせるキョンをよそに、彼女はさっさと教室の中に入り──そしてぴしりと硬直した。

「……………。」

「……いや、あの、ハルヒ?」

 恐る恐る、そう尋ねる。

「キョ〜ン〜?」

 そう唸りつつゆっくりと振り替えるハルヒの表情は、半笑いのまま真っ赤に染まっていて──

「ま、待てっ。俺が悪いのかっ!?」

 ふるふると首を振りながらゆっくりと後ずさりつつ、キョン。

 そして、ハルヒは。

「うるっさーい!」

「って、なんでだああああああっ!?」

 放課後の廊下に、怒声と絶叫が響き渡った──。











SS TOPへ