×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

指ちゅぱシスターズ

 

 

 

「と・言うわけで二本目が出来ましたっ!」

 『ばばーん!』と登場したのは、マジカルルビーだった。当然のようにふよふよと宙に浮いているのだが、その後ろには確かにもう一本、全く同じ形状の杖がある。

「なんかついこないだもこんな始まり方じゃなかった?」

 衛宮邸、居間。テレビからめんどくさそうに目をそらし、凛は呻いた。

「あはー、気にしたら駄目です。と言うわけでさくっとぎゅるっと洗脳ですよー」

「帰れ今すぐ」

 にべもなく言い捨て、テレビへと視線を戻す凛。

 ステッキはいつもの通り、かけらも聞いたそぶりは見せずに、

「あはー、というわけで二号ちゃんはですね、自我とかは残念なことになくて、機能だけがあってですね。まあ管理するのは私なんですけれども、そのかわり──」

「あー、いいわよ別に説明とか。聞く気も使う気もないもの」

「まあまあそう言わずに。今回の機能はある意味画期的でして……えいっ」

 言いつつひょいと二号の杖が、自ら凛の腕の中に飛び込んでいく──

「え?」

 呆けた凛だけを残し、『かっ!』と光が瞬き、そして。

『とまあこんな感じに、使用者を完璧に乗っ取ることが可能なんですねー』

声は、ステッキと、凛本人の口から同時に響いていた。

「何い!?」

 サラウンドで響くマジカルボイスに、士郎がひいいと顔を歪める。

「え、でもこれって使用者にメリットとかって……ないですよね?」

 途惑ったような桜に、ルビーはきっぱりと、

『なにを言ってるんですか。基本的に面白おかしくが信条です、もとより使用者のことなんて念頭にないですよー』

「言い切りやがった!?」

 頭を抱える士郎をよそに、凛は『にたあっ』と笑うと、

『あはー、と言うわけで次はそちらの方ですよー』

 言うなりステッキがぺかっと光り、どろでろした色の光が発生・逃げる間もなく桜を包み込んだ。

「桜―!?」

 がびーんと表情を崩しつつ叫ぶ士郎。

 光が収まり、中から現れた桜は。

「…………。」

 無言、無表情のまま、どこからともなくメイドカチューシャを取り出し、『かぽっ』と自ら装着した。

「……なんでさ?」

 ぽつりと、思わず呟く士郎。

 桜は『ずびしっ!』と士郎を指差すと、

「と言うわけで、貴方を梅サンドです」

「いや、本気でなんでさっ!?」

「文句があるなら指をなめますが何か」

「や、それはそれでありだけどさ」

『あはー、さすが士郎さん、偏差値高いですねー』

 うにゅると蠢きつつ、凛とステッキが笑う。

 そして桜はすすっと士郎に近寄ると、その手を取り、口を軽く開き、

「では、いただきます」

 かぷっ──

 髪を片手で押さえつつ、そっと咥えた。

 刹那、凛が『くわっ!』と目を見開くと、

「ってちょっと士郎何やってんのよ! わたしも混ぜなさい!」

 言いつつ凛はステッキを放り捨て、桜の口元へ両手をずいっと突き出した。

「……うわ、洗脳自力で解いたのか遠坂。凄いな」

 ぼやく士郎に、凛はふふんと髪をかきあげつつ、

「ふん、わたしを甘く見てもらっちゃあ困るわね。と言うわけで、さ、ささささささあ桜!」

 はあはあと息も荒く言いつつ、凛もまた桜に指をしゃぶらせる。

「あー、いい。これいいわ……」

「遠坂、おっさんはいってるぞ」

 言いつつ、まったりとしている二人。と──

『ちょっと琥珀、何やってるのよ!?』

 ステッキ(2号)のほうから、聞きなれない声が響いた。

『ひぁっ!? あ、あああ秋葉様っ!?』

『全く、姿が見えないと思ったらこんなところで遊んで……』

『ち、違うんですよう、これには深い指ちゅぱ事情が──!』

『いいから来なさい! ……また兄さんが部屋を抜け出しました。今度と言う今度は許さない、あのあーぱー女もろともおしおきしてやります! ほら、こんなことしてないでさっさと兄さんを探しにいきますよ──!』

『あ、あああああぁぁぁぁぁ……』

 次第に遠ざかっていく声。

 そして、いつの間にやら姿を消しているカレイドルビー1号。

『…………。』

 残されたのは、未だ乗っ取られた状態のまま、ぼーっとしている桜と、凛と士郎の三人である。

「…………………ええと」

 士郎が呻く。なにやら奇妙な汗をかきながら。

「………………中の、ひと?」

 凛もまた呟く。苦笑するように。

「……ま、まあとりあえず」

 言いつつ士郎は『きっ』と視線を鋭くし、指を立てた。

「ええ、そうね──」

 頷き、凛もまた人差し指を突き出す。そして。

『指、つっこむか。』

完。









SS TOPへ