×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ワル士郎

 

 

 

「あーそれにしても金がないわね……」

 衛宮邸、居間。家計簿と睨めっこをしながらがしがしと頭をかきつつ、凛は呻いた。居間にいるのは彼女と桜とセイバー、そしてライダーである。

 と、紅茶を運んできた士郎は目をぱちくりとさせて

「なんでさ。金なんて簡単に手に入るだろ?」

 と、あっさりそう告げた。

「……え?」

 聞き間違いかと思ったのか、凛が曖昧な表情で見返す。

「だからさ──」

 言いつつ、士郎は口の中で呪文を唱えた。

 一瞬後、手の中に現れたのは純金製の豪奢な剣だった。

 そして士郎は頷くと、

「よしセイバー、売ってきてくれ」

 言いつつ剣をセイバーに放り投げた。

 セイバーはびしりと親指を立てると、

「了解ですシロウ! 今日も食事は豪勢なものをお願いしますよ!」

 言いつつ、これ以上ないほどの爽やかな笑顔で屋敷を飛び出していく……

 その様子を見ていた桜がおろおろとしながら、

「せ、先輩? セイギノミカタはどうしたんですか?」

 はっはっは、と士郎は笑いながら、

「ばかだな桜、ちゃんとやってるぞ? この売上金の、なんと5%もボランティアとかに投資してるからなー」

「そ、そんな政治家みたいな先輩はやですー……」

 あうううう、と唸る桜。

 対して凛はきらきらと目を輝かせている。

 士郎はすっと凛へと差し伸べると、

「さあ遠坂、いこう、楽園の彼方へ!」

「ええそうね、一生ついてくわ士郎! だから恒久的に養ってね!」

 凛は迷いなく言い切った。

 そして二人は屋敷を出て行った。とりあえず士郎宝石買いにいきましょ、という凛の声が聞こえてくる。

「……………えと……」

 残された桜は、どうしていいのかわからないのか、ぼんやりと座っている。

 それを見たライダーは、ふむ、と呟きくいっと眼鏡を押し上げた。桜の耳元に口をよせ、ぼそっと囁く──

「……とりあえず、ついていけば老後は保証できるかと。」

「あ、先輩待ってくださいー」

完。










SS TOPへ