×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Fate/usual days

days 6

 

 

 

「アーチャー、ご飯ある?」

 リビングに入ってくるなり言った言葉がそれだった。

 日曜の午後。時刻はもうすぐ1時になるという頃。だと言うのに――

「……凛、堕落という言葉を知っているかね?」

 リビングの中央に腕組みをして立ち尽くし、アーチャーは重々しく口を開いた。エプロン姿なので全くと言っていいほどに威厳はないが。

 一方の凛は面倒くさそうな瞳で、とろんとアーチャーを見据えている。

大雑把な動きでがしがしと頭をかき、開きかけていたパジャマの胸元を寄せた。

そこまで経ってからようやく自分の格好を思い出したのか、ああ、と口を開いた。摘んでいたパジャマを軽くひらひらとさせて、

「これのこと? 何よ、昨日は徹夜で色々とやっていたんだからしょうがないじゃない」

 微妙に視線をそわそわと上下に動かしながら、顔を赤らめてアーチャーはそれでも重々しく嘆息した。いいかね? と出来の悪い生徒をしかるような口調で、

「寝ていたのだから徹夜ではないだろう。それに、結局寝る時間は同じならいつも通りの生活をしたまえ。不規則な生活は――」

「体に悪いなんてわかってるわよ。自己管理くらい出来るわ」

「どこがだね」

 呆れた口調でぼやくアーチャーに、凛は面倒だと言うように手を振った。

「ああもう、やめやめ。口げんかなんて朝からしたくないわ」

「もう朝ではないがね」

「……アーチャー?」

 皮肉げに呟くアーチャー。睨む凛。

「ああ、わかった。悪かった」

 降参だと言わんばかりに両手を上にあげ―――そしてその代わりだと言うように彼は話を元に戻した。キッチンに戻りながらエプロンの結び目を調整する。

「昼食なら今作ろうと思っていたところだ。スパゲッティにしようと思っていたが、構わないかな?」

 そう言うアーチャーの言葉に凛は答えず、机の端に乗っているお盆に目をやった。そこには伏せられた茶碗と味噌汁の器、そして丁寧にラップのかけられた数皿のおかずが乗っていた。恐らくはそれが朝食になるはずだったのだろうが――

 それを見て凛はしまったと言うように口を歪めた。手で顔を隠すようにして、ひとつ嘆息。それから彼女は出来る限り明るい声を上げて、

「あれ、朝の残りでしょ? あれでいいわよ」

「しかしもう冷めてしまったぞ」

 やや冷淡に、アーチャー。

う、と凛は尻込みするが――くじけなかった。指を一本たて、

「いいわよそのくらい気にしないから。それにわざわざ作ってくれたんだし、勿体ないじゃない」

「……まあ、君がいいと言うのならそれで構わないが」

 多少表情を和らげて、アーチャー。凛はすたすたと机に近寄ると無造作に一枚の皿のラップを外した。

中には玉子焼きが鎮座していた。形も色も申し分ない、まさにお手本のようなものである。そのひとつを指でひょいとつまみ、口へと放り込む。

「構わないって。――あ。ほぉいひい」

 口を動かしながら、凛は椅子を引いてそこに座った。呆れたようにその様子を見ながら、アーチャーが湯のみを持って近寄っていく。熱いから気をつけたまえ、と言って机に置いた。今度は茶碗と味噌汁のうつわを代わりに手にして、

「喋るなら口の中身を飲み下してからにしたらどうかね」

「……っ。おいしい、って言ったのよ」

 玉子焼きを飲み込んでから、凛は告げる。アーチャーは破顔した。

「そうか、よかった」

「…………」

 その表情を見て、凛は顔を赤らめた。さっと視線を逸らし、ぶつぶつと呟く……

「もう、だからそういうの、反則だって言うのよ……」

「? 何か言ったかね、凛」

「何でもないわよ――って」

 慌てて口を引いてから、凛はふと気付いたように目を見開いた。

「アーチャー、貴方あれは?」

「? あれ、とは?」

 よくわからない、と言うように聞き返す。

う、と凛は多少口ごもったあと、

「だ、だからその……」

 すっと息を吸ってから、覚悟を決めたようにアーチャーに視線を合わせた。尋ねる。

「……ペンダント。あげたでしょ?」

「ああ、あれならちゃんとここに――」

 と言ってアーチャーは自分の胸元に視線を注いだ。彼の言っているのは、以前凛に貰った銀の十字の首飾りである。あるのだが――

「――ここに、あるはずなのだが」

 頬に一筋の汗を垂らして、アーチャーはもう一度繰り返した。

 胸元には何もかかっていなかった。

 どこをどう見ても、何もない。

「…………」

 半眼で無言のまま見据えてくる凛に、アーチャーは慌てて手を振って、

「ちょ、ちょっと待ちたまえ凛。いや、確かにここに――」

 わたわたと服の色々なところを見たり引っ張ったりしているが、どうやらどこにもないようだった。アーチャーはしばらく必死の形相で奇妙なダンスを踊って探していたが、結局見つからなかったのか、あきらめたようにぱたりと両腕を下ろした。

 それを見届けてから、凛はにっこりと、

「ええと、つまりアーチャー?」

 ただしこめかみに巨大な怒りのマークを浮かべて聞き返す――

「なくしたってことで、いいのかしら?」

「す、すまない。そのようだ」

 引きつった声でアーチャーはなんとかそう搾り出した。

「ふうん?」

 まるで獲物を狙う肉食獣のような目つきで、凛は曖昧に笑う。

「…………」

 アーチャーは何も言えず、ただ突っ立っているだけである。ただ、どこか覚悟を決めたような――そんな表情ではあった。

「じゃあ――」

 凛はにこやかに笑ったまま、きっぱりと告げる――

「じゃあ勿論、見つかるまで探すのよね?」

 

 

 

「とは言ったものの……」

 嘆息しながらアーチャーは玄関の扉を後ろ手に閉めた。

 ばたん、と予想以上に大きな音がなり、慌てて周囲を見渡す。

 どうやら近くに凛はいないようだった。気配はない。

――ペンダントは屋敷の中にはなかった。

となると外だろうと思い出かけたのだが、こちらもどこにも見つからなかった。彼が行ったことのある場所は全て捜索したが、それでも――である。

そして数時間後。探すのをあきらめたアーチャーは遠坂の屋敷へと帰ってきていた。

アーチャーはぼんやりと宙を見つめたまま、

「となるともう誰かに持ち去られたか、あるいは壊れてしまったのか……」

 そこまで呟いてから、はあ――と嘆息。

「どちらにしろ、凛はいい顔はしないだろうな」

 暗い表情でのろのろと首を振る。腕を組み、考え込むような仕草をして。

「どうしたものだか……」

 足が止まった。

 顔をあげ、真正面を見上げる。

 目の前には扉が聳え立っている。

凛の部屋のドアだった。そこが限界だとでも言うようにがっくりとうなだれて、アーチャーは立ちすくんだまま中に入ろうとはしなかった。

ためらうように瞳を動かす。 

体重を預ける足を変えた。

数秒、扉を細目で睨みつける。

ふっと息を吐くと、

「……また今度にするか」

 頬に一筋の汗を垂らしたまま、さわやかに後ろ向きなことを言い、彼はくるりと扉に背を向けて廊下を歩き出した。

――がちゃっ。

そして同時、扉が唐突に開いた。

わずかに開いた隙間から顔を出したのは凛である。機嫌は相変わらず悪そうだった――半眼で剣呑な雰囲気を隠そうともしていない。

「り、凛」

 アーチャーは素早く振り返り、動揺を押し隠して声をかけた。微妙に声があがっているのだが。

「見つかったの?」

 単刀直入。前置きなしでずばっと聞いてくる。

思わず後ろに下がり、両手を体の前に持っていきながら、アーチャーは。

「ああ――いや」

 もごもごと曖昧に返事をしていた。

「……どっちなのよ」

 煩わしそうに凛が眉をひそめる。

 ……その一言でアーチャーは覚悟を決めたようだった。

 ごくり、と喉を鳴らす。

「そ、そうだ。見つかった」

 彼は頷いていた。

引きつった笑みを張り付かせまま、一歩後ろに下がる。

「――え?」

凛が聞きかえした。

「ちょっと待っていたまえ、凛」

 言い捨てて、アーチャーは慌てて後ろに飛びずさり、凛から離れた。その不自然な挙動に凛の視線はますます疑わしくなるが――アーチャーは気にしなかった。そのまま廊下を歩きだす。

「え、ちょっとアーチャー?」

 後ろから凛が呼び止める声が聞こえてくるが、彼はきっぱりと無視した。

 早足で歩き、廊下を突き進む。

彼はそのままトイレへと向かった。

 ばたん、と扉を閉めてからようやく、

「――はあ……」

アーチャーは肩を落として盛大に息をついた。

 ふう――

 目を瞑り、もう一度息を吐く。

 それから頭を横に振った。心底疲れたと言うように。

 便器にも座らないまま彼はぼんやりと立ち尽くしていたが――

「この際仕方ないか……」

 言って、目を閉じる。

アーチャーは右手を胸の高さまで持ってくると、掌を上にしてその手を軽く握った。少しばかり空間が残るようにして。

「…………」

 小声で何かを囁いた。

 瞬間、何かが変質した。

 違和感は一瞬。

 ゆっくりと目を開き、そしてそれよりもさらに慎重に手を開く――

 するとそこには、ペンダントが出現していた。

 凛がアーチャーに渡したものと、寸分違わないものである。

 上出来だ、と聞こえないほどの小声で囁き、アーチャーは頷いた。

 そっとトイレの扉を開き、首だけを出して周囲を伺う――凛はいないようだった。よし、と小さく呟いて彼は再び凛の部屋へと戻っていった。

 部屋の前まで戻ると、そこには扉の前で仁王立ちをした凛が待ち構えていた。腕を組み、仏頂面で、とんとんと足で床を叩いている。

 かなり機嫌は悪そうだった。

 アーチャーは出来る限り明るい声をあげて、

「すまない凛、待たせたな」

「…………」

 凛は無言のままアーチャーを見上げた。

 うっ、と気後れしそうになるが――それでも彼はくじけずに、

「これだろう、凛」

 言ってペンダントをじゃらりと凛の目の前に突き出してみせた。

 完璧な仕上がりだった。どこからどう見ても本物と寸分違わない出来である。

 ちらりと横目で凛を見ると、彼女は驚いたように目を見開いていた。

「……どうなんだね?」

「……え?」

 はっと顔を上げて、聞き返してくる。

アーチャーはじれったそうに、さらにペンダントを凛へと突き出して見せた。

「だから、見つかったと言うのだ。これで文句はないのだろう?」

「え――、あ。う、うん」

 凛は慌ててこくこくと頷いてみせた。

 ふむ、と呟いてアーチャーはそれを首にかけた。

 あ、と呟いて凛は何かを言いたそうにしていたが、結局口を閉じたまま――ただその様子をぼんやりと眺めていた。

 十字架の位置を調整してから、アーチャーは満足そうに顔をあげた。

「よし、では私はそろそろ夕飯の準備に取り掛かるとしよう。凛は――」

 言って彼女のほうを見ると、凛は俯いていた。

「……凛?」

 呼びかける。が、凛は反応しなかった。

「凛」

 もう一度呼びかける。

ぴくり、と肩が揺れた。

 なんなのだね、と呟きつつアーチャーは再度呼びかけた。

「マスター」

「……何よ」

 一歩近寄り肩を揺さぶると、凛は観念したように顔をあげた。ただしその表情は限りなく不機嫌そうである。視線は冷淡ですらあった。が、アーチャーは怯まなかった。

「どうしたのかね」

 真剣な面持ちで、尋ねる。

凛は一瞬口を開きかけたが――それも途中でやめてしまった。目から力が消える。

「私が何かしたのか?」

「……別に」

 彼女はさっと目を逸らすと、平坦な声でそう呟いた。

「凛」

 呼びかける。が、彼女は答えない。

「凛!」

 反応すらしない凛にいらだったのか――アーチャーは声を荒立てていた。肩を掴む手に力が知らず、こもってしまう。力が強かったのか痛みに顔をしかめ、凛が叫ぶように喚いた。

「は、はなし――きゃあっ?!」

アーチャーから離れようと足を後ろに下げたところで、彼女は――ありえないことに――足を滑らした。体勢が大きく崩れる。それを見たアーチャーは、

「――凛!」

 反射的に彼女を抱きとめていた。

 ふう、と安堵の息を吐くアーチャー。

 凛の顔は真っ赤になっていた。

 体から離し両肩をつかんだ状態で、アーチャーは。

「しっかりしたまえ」

 呆れたようにそう告げた。

瞬間、凛の顔が険しくなる。

「う、うるさいっ!」

 どんっ!

 叫ぶ同時、凛はアーチャーを突き飛ばした。威力に、と言うよりはその行動そのものに驚いたために、アーチャーは大した抵抗もしないまま手を離していた。

 凛はその横をすりぬけ、逃げるように走り去って行く――

 はっと状況に気付いたアーチャーは、

「凛、待ちたまえ――」

 慌てて背後を振り向き、声をかけた。

が、もうそこには誰もいなかった。 

「全く、こういう時に限って逃げ足の速い……」

 嘆息をひとつ漏らして。

 アーチャーはのろのろと凛を探しに歩き始めた。

 

 

 

「――まあ、とは言っても」

 がちゃっ

 扉を開け、リビングを確認する――誰もいない。

「行く所は限られているだろう」

 早足で進み、バスルームへ。やはりいない。

「見つけるのは、そう難しくはないはずだ」

 トイレにもいない。

「そうだな、後は……」

 顎に手を当て、アーチャーは考え込んだ。

「……ふむ」

 呟きがひとつ。

 少しばかり立ち止まってから、彼はすぐにすたすたと歩き始めた。

「となると、ここかね」

 やがてアーチャーは、地下室へと続く階段へたどり着いていた。

「…………」

 気配を抑え、そっと進み――

「――っ?!」

 声にならない悲鳴をあげて、彼は咄嗟に姿を消した。

 その一瞬後、地下室から凛が早足で出てくる――

「どういうことよ……!」

 吐き捨てるような一言。

 やがて凛はすたすたと奥へと歩いていってしまう……

「……ふむ」

 アーチャーは再び実体化した。

 地下室と、凛の消えていった方向と――どちらに行こうかと迷ったように、視線を交互に送る。

 やがて彼は地下室へと進み始めた。

 当たり前ではあるが、そこには誰もいなかった。音ひとつしない。

大した変化はないようだった――ペンダントを探す際にもここは訪れたが、そのときと違いはないように見える。

「だとしたら、一体凛は何のために……」

 呟いて、あたりを見渡す――

「……ん?」

 アーチャーは眉をひそめた。

 壁際――床の上。

 そこに、先ほどはなかったものが落ちていた。

 すたすたと歩き、身をかがめてそれを拾う。

「これは……」

 その物体を目の高さまで揚げて、彼は目を見開いた。

 それは、なくなったはずの本物のペンダントだった。

 

 

 

こんこんっ

「凛、いいかね」

 ノックよりやや遅れて、声。

 それよりさらに数秒してから、がちゃりと扉が開いた。

 そっと部屋の中を伺うようにして入ってきたのはアーチャーである。彼はざっと部屋を見渡した。凛はベッドにシーツを被って寝ているようだった。アーチャーに背を向けるようにしているため、その表情は見えないが。

「……寝ているのかね?」

 慎重に呟いて、アーチャーはふむ、と頷いた。

「まあいい」

 すたすたと淀みなく歩く――彼はベッドのすぐそばまで来ると、ぴたりと足を止めた。

「ではわたしは、独り言でも言うとしようか」

 ぎしっ――

 言って彼はベッドに腰掛ける。

 もぞっと凛が動いた。

 アーチャーはふっと表情をゆるませると、困ったような笑顔を浮かべて、

「……すまない、君を悲しませたくなかった」

 そして彼は、そっと凛の髪に触れる。黒く長い艶やかな頭髪を手櫛で梳きながら、

「咄嗟にああしてしまった。そうだ、あれはフェイクだ」

アーチャーは目を伏せた。

「そのせいで君がもっと傷つくとは思っていなかった」

 そこで言葉が途切れる。

 やがて意を決したように、アーチャーは。

「凛、すまない」

 言って、真っ直ぐに頭を下げた。

 凛からは何の反応もない――寝ているのだが当たり前ではあるが。

「……すまない」

 もう一度、切に繰り返す。

 そこまで言ってからアーチャーはそっと頭を持ち上げた。

 いつものやや斜に構えたような表情に戻り、ふうと息をつく。

 それまでよりもやや砕けた口調でアーチャーは続けた。

「しかし凛。君があれを持っていたということは、つまり君が――」

 言って、首を振る。

「そこがわからない。何のためにだね?」

 びくっ――

 凛の体が跳ねた。

 それを見たアーチャーの表情が、じわじわと変化していく……

「――ふむ」

 顎に手を当て、彼は呟いた。

「ああ、なるほど」

 言って、うんうんと頷く。

「私の推測はこうだ」

 アーチャーはより深くベッドに座りなおした。

 凛が寝返りをうち――偶然にも――アーチャーから離れる。

「まず君は私に先日、ペンダントをくれたわけだ」

 逃がさないといわんばかりにその肩に手を置き、アーチャーは続ける。

「そして、再びとりかえした」

 いつの間にか、口元にはいつもの皮肉げな笑みが。

「探せといったのは伏線だったのかね?」

 アーチャーは凛の耳元に口を持っていくと、そっと囁いた。

 凛の体がびくりと震える――

「ああ、そうか――ふむ、なるほど」

 腕を組んで、アーチャーは片目を閉じた。静かに続ける。

「つまりこういうことだろう。見つからない私に対して、君がそれを見つけたふりをしてだね――」

 ぎしっ

 ベッドが軋んだ。

「ふむ、あたりかね」

 それを横目で見ながら、アーチャーは冷静に呟いた。ところで、とペンダント――オリジナルのほうだ――を取り出しながら、

「このペンダントだが。何やら見慣れない文字が刻まれ――」

「あーもーその通りよっ!」

 がばっ!

 唐突に凛が跳ねおきると、顔を真っ赤にして喚き散らした。ぎろりとアーチャーを睨む――が、何かに根負けしたように視線をすぐに逸らした。彼女は拗ねたような口調で、

「何よ、全部お見通しってわけじゃない」

「いや、私も言いながらきづいたよ」

 頭をかきながら、アーチャー。ふむ、とペンダントを観察してから――彼はふいに口を歪めた。

「しかし君もかわいいことをする」

「…………っ!」

 顔を真っ赤にして、凛がペンダントをアーチャーからひったくる――いや、ひったくろうとしたのだが、それはあっさりと避けられた。

「……凛、怒ったのかね?」

「う〜っ……」

 唸る。ひどく悔しそうに。

「……かけなさい」

 やがて彼女は、小さく呟いた。懇願するような命令口調で、

「また、かけてくれるんでしょ?」

 言って、アーチャーを見上げる。

「ふむ」

 呟いてアーチャーは少し考えるような素振りをしてみせた。

「では凛」

「な、なによ」

 何か嫌な予感でもしたのか、体を引きながら凛が尋ねる――アーチャーはにっこりと笑って、

「君の手でかけてもらっていいかね?」

 言って、ペンダントを凛の目の前に突き出した。う、と一瞬口ごもってから、それでも凛は赤面しつつも頷く。

「わ、わかったからしゃがみなさいよ」

「ああ、そうだな」

 アーチャーは無造作に首をかしげた。

 当然、二人の距離が狭まる――

 顔と顔の隙間は10センチほどになった。

 凛は同様したように目を逸らしかけるが――途中で止めた。半ば睨むようにしながら、決して目を離さないまま、アーチャーの首にペンダントをかける。

「はい、おわりっ!」

 言うと同時、凛はばっと顔を離した。

「ああ、ありがとう」

 ひどく素直にアーチャーは頷いた。

 その表情に、凛が顔を真っ赤にして硬直する――

「……凛?」

 突然動きが止まった凛を訝しげにアーチャーが覗き込んだ。

「う、あ……」

 凛は口をぱくぱくさせつつも、

「な、なによ」

 そう、なんとか言い返した。

「いや、なに」

 アーチャーは肩をすくめて、

「つい君の顔にみとれてしまったようだ」

「〜〜〜っ!」

 今度こそ耐えきれずに、凛はアーチャーから視線を逸らした。

「……そうだ、凛」

 ふと気付いたように、アーチャーは口を開いていた。

「これなんだが」

 そう言いつつ取り出したのは、アーチャーが首からかけているものと同じ――いや、今となっては少しだけ違うか――ペンダントだった。先ほどアーチャーが作り出したものである。

 それをじゃらじゃらと振りながら、

「これは、君へのプレゼントということでどうかね?」

「え?」

 凛はぽかんと聞き返した。いや何、と前置きしてからアーチャーは。

「まあ、やはり気に入らないと言うのなら捨てるなりするが――」

「す、捨てることは――」

 切羽詰ったような焦ったような声が間に入ってきた。

「捨てることは、ないんじゃない?」

 凛はもごもごと続ける。

「その、勿体無いと思うし――だから、」

 彼女はそこで言うことをなくしたのか、押し黙った。

 沈黙。

 が、すぐに凛は立ち直った。

「ああ、もうっ!」

 がー、と叫んで凛はずいっとアーチャーに近づいた。

「ほら、かけなさいよ」

 ん、と顔をあげる。

「ふむ」

 それを冷静に観察しながら、アーチャーは言葉を零した。

「……凛」

「え、なに?」

 急に不安そうな顔になる凛に対して、アーチャーはいやなに、と続ける――

「その体勢はまるでキスをねだっているみたいに見えるのだが」

「な――――」

「冗談だ」

 凛が硬直する寸前に、アーチャーは素早く言葉をはさんだ。が、それがますます混乱に拍車をかけているようでもある。凛は口をぱくぱくとさせていたが、やがてアーチャーをきっと睨む――

「あ、貴方ねー?!」

「ああ、それとも」

 ずいっと顔をつき出して、アーチャーはそっと凛の頬に手を添えた。

「――まるでは余計だったかね?」

 一瞬、静まり返る。

 何を言われたのか理解した凛が顔を真っ赤にして口を開き――

 そしてアーチャーは、これから飛んでくる罵声に備えるべく、苦笑しながら耳を両手でふさいだのだった。






SS TOPへ