×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Fate/usual days

Days 4

 





「アーチャー?」

 がちゃり

 居間に入ってくるなり、凛はそう言ってアーチャーを一瞥した。そのまますたすたとソファーへと向かう――

 遠坂の屋敷のリビングである。時刻は昼すぎ――先ほど昼食を食べ終わったばかりのことだった。凛が後片付けをアーチャーに任せ、自室に戻っていったのが十分前。先ほどとは違う服に身を包んだ凛は、ざっと部屋を一瞥すると、

「何よ、まだやってたの?」

 呆れたように、そう呟いた。

「仕事が丁寧だと言って欲しいな」

 心外だ――とばかりに口を尖らしながら、ぴかぴかに磨かれた食器を片手で掲げてみせたのは、赤い外套の男だった。引き締まった体つきの、どこか皮肉げな雰囲気のする男。最も今はエプロン――わざわざ凛が彼のために買ってきたものだ――をつけているため、全くサマになっていないのだが。

「まあいいけど。さっさとしてよね」

「そこで手伝うという選択肢はないのかね、君には……」

 口ではそう言いつつも、てきぱきと男は皿を磨いていく。凛はその様子を眺めながら、どさりとソファーに腰掛けた。背中を丸め、腕を膝の上につき、そしてその上に顎を乗せる――完全に傍観する体勢。

「いいじゃない。なんだかんだ言って好きでしょ? こういうの」

 言って彼女はにへら、と笑う。

 アーチャーはその言葉に口を開き――そして何か思いとどまるようなことがあったのか、後に続く台詞を飲み込んだ。それきり口をつぐみ、仕事に専念する。

 かちゃかちゃという音だけが響く。

「…………」

 凛はそんなアーチャーをぼーっと眺めていたが、やがて、

「ねえ」

「なんだね?」

 アーチャーは視線を送らないまま聞き返した。

「んー……」

 凛は視線を逸らした。とろんとした目つきでソファーの生地を眺めている――なんとなく面白くない、と言ったような表情。

「……凛?」

 続きを促すように言葉尻を上げ、アーチャーは顔を上げた。凛はそのことに気付いた様子だったが――あくまでソファーを見つめつつ、ぼやくように呟く。

「……何でもない」

「ふむ」

 かちゃり。

 最後の食器を立てかけてから、アーチャーは歩き出した。エプロンを外し、きちんと折りたたむ。

「何か私は君を怒らせるようなことをしたかな?」

「……別にぃ?」

 言って彼女は立ち上がった。もうこの話は終わり、とばかりにさっと手を振る。んー、と言って両手を上に上げ、体を伸ばす。 

「さって。じゃあ行きましょうか」

「ふむ?」

 眉をぴくりと跳ね上げながら、アーチャー。彼は凛の目の前まで来ると立ち止まった。

「どこにだね、凛」

 当たり前といえば当たり前の質問を口にする。

 そうね、と呟きつつ、凛はソファーに投げ捨ててあった上着を手に取った。素早く全体に目を通してから、適当に手で埃を払う。それにじっと目を落としながら、自分に言い聞かせるように呟く――

「……まあ、街よ。新都のほう」

「それは、つまり」

 一歩踏み込んで、アーチャーは目を鋭いものへとしていく――攻撃的なのではない。ただ純粋に、鋭い。

彼はじっと凛の目を覗き込んだ。問う。

「こちらから仕掛ける――と受け取っていいのかな? マスター」

「違うわよ」

 かぶりを振ってあっさりと凛は言い切った。

「……ふむ?」

 まさかいきなり否定されるとは思っていなかったのか――ぴたりと動きを止め、アーチャーは視線だけで凛に先を促した。彼女は気楽に笑って、ぱたぱたと手を振ってみせる。

「とりあえずは情報収集だけよ。そんなに気を張らなくてもいいわ」

「……そうか。まあ君がそれでいいと言うなら私は何も言わないが」

「ええ。じゃあまずは、そうね。とりあえず街に出ましょう。情報なんてものは――」

 言いながら、上着に腕を通していく。

「――よっと。足で稼ぐのがね、なんだかんだ言って、一番効率がいいんだから」

「その意見に反対はしないが」

 アーチャーは静かに頷いた。それから確かめるように、うんうんと何度も頷いてみせる。

「しかし、そうか。ようやく私も本来の役目に戻れるということか」

「……何よ、随分嬉しそうじゃない」

 上機嫌な様子のアーチャーに対し、凛は逆に不機嫌な表情。腰に手を当て、半眼で睨みつけている。その態度に彼はきょとんとして、

「? どうしたのだね、凛」

「べ・つ・にっ?!」

 語気も荒く、そう言い捨てる。

 アーチャーは困ったように凛を見つめた後で――ふいににやりと口を歪めた。

「ああ、ふむ――そうかそうか」

 言って、苦笑。

「……何よ」

 アーチャーの態度を半眼で見て、凛は拗ねたような口調で呟いた。それを聞いてアーチャーはますます口を歪める。何、大したことではないさ――といいながら、彼は肩を竦めて見せた。

「なんかその言い方、むかつくわね……」

 むー、と唸りつつ迫る凛。アーチャーは肩をすくめる。

「ああ、悪かった」

「しかも全然反省してるように聞こえないしっ!」

 がー、と叫ぶ。

「悪かったと言っているだろうに」

 さらりと告げるアーチャー。凛は疲れたように自分の額を手で押さえて、

「誠意が感じられないのよ……」

「凛。行くならさっさと行くべきだ」

 アーチャーは言って、取り合う様子すらなく、さっさと扉へと歩き出す――

「ストップ。アーチャー、待ちなさい」

 静止したのは、他ならない凛だった。

まさかそう来るとは思っていなかったのか――アーチャーはいぶかしげな表情を隠しもせずに凛を凝視した。

その視線に居心地の悪いものを感じたのか、少し体を引き気味にして――凛。

「あなた、まさかその格好でいくつもり?」

 その言葉にアーチャーは自分の服に目を落とした。赤と黒を基調とした服――なのはいいが、そのデザインはどう見ても目立つものだ。少なくとも真昼間から人の多い場所に行けば、人目を引くこと間違いないだろう。

 言いたいことはわかっている、とばかりに彼は肩を竦めると、

「ああ――いやいや、勿論街中では姿は消していくとするさ」

「……」

 凛は無言だった。

 怒っているようで、それでいて少しばかり落胆したような、そんな表情。

「……どうしたのかね、凛」

「え、いや、その――」

 いきなり話を振られて、彼女は慌てたようにばたばたと手を振った。

「な、なんでもないわよっ!」

 半ばやけくそのようにそう言って、ずんずんとアーチャーを追い向いて扉へと進んでいく。その態度にアーチャーはもう一度肩を持ち上げようとして――そこで、ぴたりと動きを止めた。

 口元が吊り上げる。

「――ああ」

 彼はわざとらしい口調で声を張り上げた。まるで凛に聞かせるように。

「そういえば、この前凛に買ってもらった服があったな」

 その言葉に、凛の動きが一瞬静止した。が、すぐに何事もなかったように歩くことを再開する。かまわず彼は、一人ごちるように続ける。

「あれを着れば、そうだな。わざわざ姿を消すこともないか」

言って――苦笑。

「……ふん」

 ほんの少しだけ、後ろを振り返って。

 凛はアーチャーをちらりと目にとめた。

「――好きにすればいいでしょ?」

 がちゃっ。

 言い捨てるようにして、彼女は廊下へと出て行く。

 ふむ、と呟き、彼は今度こそ苦笑した。凛に聞こえない程度の小声で呟く。

「ああ、そうだな。好きにさせてもらうとしよう」

 

 

 

「まずはどこから行くんだ? 凛」

 アーチャーは腕を組んでそう聞いた。挑戦的とも取れるような目で、マスターである凛を見つめる。試すかのような視線を受けながら、凛は黙考した――指を唇に当て、視線を横に滑らせる。癖のようなものだった。

 きっかり十秒がたった頃。

「そうね」

 凛は深く頷いてから、顔を上げた。

いかにも名案だとばかりに指をぴっとたて、

「――お茶にしましょう」

 そう、笑顔できっぱりと言い放った。

 一瞬の間が開く。

「…………は?」

 かくん、と肩を落としてアーチャーは聞き返した。

 ――新都に着いて、今後の対策を練ろうとした直後の出来事だった。

 信じられない、という表情で凝視するアーチャーに、凛はにこにこと笑って応えている。

「…………………」

 黙ったまま見つめる。

 ――先に根負けしたのはアーチャーのほうだった。

「……正気かね? 凛」

 ひどく低い声で、そう尋ねる。

「あったりまえでしょ?」

何もおかしいところなんかない、と言うくらいの堂々とした態度に、彼は何かをあきらめたように、深く深く嘆息した。

「……そうか」

 背中を丸めながら、ぼそりと頷く。

「どうせ何をいっても聞く耳はないのだろうな……」

 そして、ふっと笑う。というよりも自嘲だが。

「そうね。あそこでいいわ。入りましょう?」

 アーチャーのぼやきなど聞こえていないかのように明るく――ただし頬に一筋の汗が流れているが――言って、返事を待たずにずんずんと歩き出す凛。仕方なしにアーチャーもまたその後に続いた。

 行き先は喫茶店だった。

どこにでもあるチェーン店である。

 ガーッ

 自動ドアが開く。

「いらっしゃいませー」

 店員が挨拶をしてくる。後ろを振り返ってちゃんとアーチャーがついてきていることを確認してから、凛はカウンターに近づいていった。その上に置いてあるメニューに目を通していく。それから再び後ろを振り返って、

「アーチャー。貴方何にする?」

「私は結構だ」

 仏頂面で、アーチャー。が、凛は聞く耳持たないようだった。肘でつつくような仕草をしてみせる。

「いいから言いなさい。何にするの?」

「……………………コーヒー」

「アイス?」

「ああ」

 そこまで聞くと、凛はもう一度前に向き直った。

「じゃあそれと――あと、アイスチョコレートとアップルケーキ二つ」

「アイスコーヒーとアイスチョコレート、それとアップルケーキが二つですね? お会計、961円になります」

「ん」

 千円札を出す。

 アーチャーが後ろで動揺したように周囲を見渡した。

「39円のおつりになります。ごゆっくりどうぞー」

「アーチャー、いきましょう?」

 トレイを持って、凛が奥のテーブル席を顎で指し示す。

「……待て、凛」

「え?」

 振り返ると、アーチャーは仏頂面のままで、トレイをひったくった。

「……私が持とう」

 言って、ずんずんと歩いていく。

「あ、うん」

 少し驚いたように背中を見送ってから。

 凛はくすくすと笑いを堪えながら、ゆっくりと進んでいった。

 

 

 

「どう? 美味しいでしょ?」

「…………」

 アーチャーは無言のままコーヒーを飲んでいた。

「あれ、口に合わなかった?」

「いや……美味しいが……」

 根負けしたように口を開く。なによ、と凛は眉をひそめて、

「ならもっと楽しそうな顔しなさいよ」

 そこまで凛が言ったところで――

 かたんっ

 アーチゃーはグラスをテーブルの上に置いた。からんと氷が音をたてる。手を組んで、深く嘆息。じっと真正面の少女の瞳を見つめて、彼は告げる。

「……凛。こんなことをしている場合ではないと思うのだがね」

「……わかってるわよ」

 フォークを口に加えたまま、凛。

「でも」

 と言って、凛はフォーフをぴこぴこと振って見せた。からかうように、アーチャーに向かってウインクをする。

「こういうのも、悪くないでしょ?」

「む……」

 その言葉に。

 何故かアーチャーは反論できなかった。

 

 

 

「ねえ、これはどう?」

 次に向かったのは雑貨屋だった。主にアンティーク品を扱っているらしく、年季の入ったものが目立っている。

 にこにこと笑いながら凛が手にしているのはネックレス――淡い緑の色をした宝石だった。自分の胸元に当て、アーチャーに見せ付けるようにしている。

 が、一方のアーチャーはどんよりとしていた。『ずーん』という音が聞こえてきそうなくらいである。

「ああ、いいのではないか?」

 やる気のなさそうな返答。

「じゃあこれは?」

 凛は手近にあったハート型のネックレスを手にとって見せる。

「ああ、いいのではないか?」

「じゃあこれ」

 モナーの形をしたネックレス。

「ああ、いいのではないか?」

「んー、じゃあこれっ!」

 『萌え』と書かれたTシャツ。

「ああ、いいのではないか?」

「何がよっ!」

 すぱんっ!

 凛は手にしたハリセンで思い切りアーチャーの頭をはたき倒した。打たれた箇所を手でさすりながら、アーチャーは顔をあげて憤然と抗議する。

「何をするっ?!」

「こんなのがいいはずないでしょっ?!」

 Tシャツを目の前に掲げてみせる。

「……いや」

 アーチャーは顎に手を当てると、静かに告げた。

「……ありだろう?」

「なんでよ!」

 Tシャツを床に叩きつける直前でなんとか自制して、凛。

「ったく……ほら、真面目にやるわよ」

Tシャツを元あった場所に戻して、近くの棚に置いてあった指輪を手にした。ちらりとアーチャーを見てから、それを元の位置に置きなおす。今度はその隣のネックレスを手に取った。しげしげと色々な角度から観察してから、うんと頷く。

「ほら、アーチャーこれ似合いそう」

「って、私かね?」

「そうよ」

 驚くアーチャー。頷く凛。

 シルバー・アクセサリーだった。緑の宝石のはめ込まれた、剣の形をしたものである。

「うん、やっぱり似合ってる。――よしアーチャー、これ買ってあげるわ」

 ぱんっ、と手を打ち鳴らして早速店員を呼びに行こうとする凛。

「いや凛、私は――」

「あ、すいませーん!」

 彼女はアーチャーの言葉には取り合わず、すたすたと歩いていく――

「…………はぁ」

 そうして、彼は深く嘆息するのだった。

 

 

 

胸元に、銀色のワンポイント。

「それで今度は買出しかね?」

 アーチャーはげんなりとしながら、吐き出すようにそう尋ねた。

 スーパーマーケットである。アーチャーがカートを押し、凛がその横を歩いている。彼女はネギを吟味しながら、

「何よ。あんたと違って私はきちんと食べないと死んじゃうんだから」

「そういう意味ではないのだがな……」

 ぼそりと呟いている。

凛はふいに顔をあげると、

「アーチャー、今夜何食べたい? 今日は私が作るわ」

「……明日は雨のようだな」

「何か言ったかしら?」

「いや別に」

 笑顔で迫る凛。顔を横に背けるアーチャー。

「そうね……マーボー豆腐なんていいかもね」

「ふむ。まあ異論はないが」

 アーチャーはカートを押しながら、乳製品の陳列棚に手を伸ばす。

「それと確か牛乳も切れていたぞ」

言いながら、さりげなく奥から牛乳を取る。

「……あんた、なかなかやるわね……」

 凛が冷や汗のようなものをかいて、そう呟いていた。

 

 

 

 そして――

「ただいまー」

 二人は家へと帰ってきた。手ぶらの凛に対し、アーチャーは両手に何袋も荷物を抱えている。凛がついでとばかりに日用品――それもティッシュや米のような――を買い込んだ結果がこれだった。

「凛、これは買いすぎでは……?」

 荷物に埋もれるようになりながら、アーチャーは半眼で唸る。口ではそう言いつつも、大して負担になっている様子はなかった。

「あはは……まあいいじゃないの」

 愛想笑いのようなものを浮かべて、凛は靴を脱いで廊下にあがる。それからくるりと振り返り、しげしげとアーチャーを眺め見た。

「んー、それにしても買ったわねー」

「……全くだな」

 なんとかそれだけ呟いて、アーチャーは荷物を置く。

 落ち着こうとしているのか、深呼吸を二回。

 それからようやく――彼は顔を上げた。口元にいつもの皮肉めいた笑み――ただし頬には一筋の汗があるが――を浮かべて、

「……そうか……」

 ゆらりと、廊下に上がる。

「わかったぞ、凛……」

 うんうん、と。自分を納得させるように頷いて、彼は一歩前に出る。

「要するにあれだな……荷物持ちが欲しかったのか」

 凛は腕を組んでそんなアーチャーを見ていた。何かつまらないものを見るように。それから彼女は嘆息とともに頭を振る。

「始めからそう言ってくれれば――私もだな、それなりの覚悟が……」

「……別に、そういうわけじゃないわよ」

 ぽつり、と。

 聞こえるか聞こえないかくらいの声で、彼女は呟いた。その目は、角度によっては潤んでいるように見えたかもしれない。彼ははっとすると、凛に近寄ろうとして――

「じゃあアーチャー、冷蔵庫いれといてね」

 ……その前に、凛そういい残してさっさと二階へあがっていく。

 呆然としながらも彼はそれを見送った。

「……了解だ」

 完全に彼女の姿が視界から消えてから、アーチャーはのろのろと動き出した。廊下に置きっぱなしだった荷物に向かう。

「全く。何で私がこんなことを――」

 不満をこぼしながら、背中を丸め、荷物に手を伸ばす。

 ちゃらっ――

 その際に、銀色の光が視界を遮った。

 今日凛が買ってくれた――というより押し付けられた――ネックレスである。

 アーチャーはそっと包み込むようにそれを手に取った。手の中で弄ぶ。

 少し、考える。

 答えはすぐに出た。

 考えるまでもないことだ。

「――ああ、そうか」

 彼は苦笑した。

 一緒に出かけて。

 一緒にお茶をして。

 一緒に買い物をして。

 一緒の時間を、過ごして。

 それは、つまり――

「デート、というわけだったのかな……?」

 そう呟いてから、アーチャーはもう一度ペンダントをそっと撫でた。







SS TOPへ