×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Fate/ usual days?

 

第一話 フォール・ダウン

 

――薄暗い店内はむせかえるような香水の匂いと歓声に溢れていた。

そこは一種の舞台のような所だった。客席があり、ステージがある。ミラーボールもあるが、設備はお世辞にも上等なものとは言えないようだ――見るからに安っぽい造りの椅子に机。そこに乗っている酒もやはり安物。

客はほとんどが女性のようだった。

 アップテンポの、やたら重低音が強調された音楽――直接体に響くほどの大音量をBGMに、ステージ上では半裸の筋肉質の男たちが踊っていた。半裸――と言うよりも正確にはパンツのみと言ったほうが正しい。黒の、ひどく面積の少ないビキニパンツ。

 と、ステージ脇に立っていたスーツ姿の男がマイクを手に声を張り上げる――

『――ではー? これよりー? おひねりタイムに入りたいと、おっもいまーす!』

 やけに明るい声がスピーカーで拡張され、店内に響くと同時、音楽がよりダンサブルなものに切り替わった。

そして――ふいに男たちが、ステージから客席に向かって踊りながら歩き出す……

 きゃああああああ――

 歓声がひときわ大きくなった。歓声と言うよりも絶叫に近いが。

 男たちも、それに応えるかのようににっこりと笑っていた。

 が、その中の一人はやけに暗い表情をしているようだった。

 他のダンサーのような、無意味なほどに筋肉質ではない体つきの男だった。見る者が見れば感嘆の声をあげざるをえないような――無駄のない引き締まった体格。それは彼にとって『見せる』ためのものではなく、『使う』ための道具である。

浅黒く焼けた肌に、切れ長の瞳。そして少しばかり皮肉げな表情。最も今はこれ以上ないほどにげんなりとした顔をしているのだが。

 ……アーチャーだった。

 誰がどう見ても、アーチャーだった。

「ふ――」

 彼は目を閉じ、息を吐いた。腰を振りながら。

 その周りでは女たちがきゃあきゃあと騒ぎながら、パンツにおひねりを捻じ込んでいる。それはとりあえず無視して――というより、対処するだけの余力がないように見える――、

「私は……」

 もみくちゃにされながら、どんよりとした目でアーチャーは呟いた。

「……何を……やっているんだ……?」

 その問いに答える者は誰もいない――

 誰も、いないのだった。

 

 

 

 ――それは、唐突だった。

 リビングで本を読んでいた凛は、それをぱたんと閉じると、ふいに顔をあげた。

目を動かし、周囲を確認する。

90度見渡したところで、お茶の準備をしていたアーチャーと目が合うと、

「アーチャー」

 そう呼びかける。

 ふむ? とアーチャーが目だけで問い返すと、彼女は指をぴっと立ててきっぱりと言い切った。

「脱ぎなさい」

「は、はぁっ?!」

 間の抜けた声がリビングに響き渡る。目を白黒させて――ついでに顔を赤らめている――アーチャーにはかまわず、凛はもう一度繰り返した。冷静に。

「いいから脱ぎなさい」

「りりりりり凛っ?!」

 『ずざざざざっ!』と一気に壁まで後ずさって、アーチャー。

「いいから、」

凛はそんな彼に向かって近寄りながら、にっこりと微笑んで、

「脱げっつってんのよーーー!」

 彼女が腕を振ると同時、すぽーん、とアーチャーの服が脱がされた。アーチャーは一瞬何が起こったのかわからかったのか、呆然としているようだった。が、我に返ると慌てて両手で乳首を隠し、猛然と抗議をする。

「な、何をするんだね凛!」

「というよりあんた、その隠し方はキモいわよ」

 半眼で告げる。くっ、と悔しそうに顔を歪めて手を離すアーチャー。凛から服を取り返そうと手を伸ばす。が、すんでのところで避けられた。そわそわとしながら、服に目をやる。

「いや、いいから服を――」

「いいからじっとしてなさい」

 静かに一言、告げる。アーチャーはしばらく不満そうな顔をしていたが、やがてあきらめたのか、おとなしくそれに従った。背中が妙に丸まっているが。

凛は椅から立ち上がると、まるで品定めでもするかのようにアーチャーの体をじっくりと眺め始めた。しきりにうんうんと頷きながら、あちこちから観察していく。

「うう……なんだか視姦されている気分なのだが……」

「うるさいわね、何わけのわかんないこと言ってんのよ」

 あきれたようにため息を付いて、凛。

彼女はやがて『ぱんっ!』と両手を打つと、

「よし!」

 と言って勢いよく一枚の紙をアーチャーの眼前につきだした。

 恐る恐るアーチャーは、それを読んでいく。

そこには――

「お……おひねり、バー? アルバイト募集! カラダに自身のある方、露出願望のある方歓迎! 時給は――」

 紙に書かれた文字をそのまま読み上げていく。それにつれてアーチャーの顔が青ざめていくのだが――凛は全く気にした様子もなく、そうよ? とあっけらかんと頷くと、

「アーチャー、あんた今日からここでバイト!」

 きっぱりと言い切った。

「は、はあっ?!」

 泣き出しそうな顔で、アーチャーが絶叫する。凛は手で口を押さえ、にんまりと笑いながら、

「いい身体してんじゃない。問題ないわよ」

「い、いやいやいやいや!」

 両手をぶんぶんと振ってアーチャーは詰め寄った。汗をだらだらとかきながら、必死の形相で口早にまくしたてる。

「ままま待ちたまえ凛。それはなんというか――その、まずいだろう?」

「なんで?」

 あっさりと聞き返す凛。あまりにも頓着のないその一言に、アーチャーは絶句した。ぴしりと、どこか致命的なものが壊れたような、そんな表情。が、彼はなんとか立ち直ると、顔をひきつらせながらも尋ねる。

「あー……その、あれだ。その、わ、私がいなかったら誰が凛を守るのだ?」

「シロウだってセイバーだっているわよ。同盟くんでるんだし。問題なんてどこにもないじゃない」

 詰まることすらなく言い返される。

 アーチャーは目に涙すら浮かべながら、手をわななかせた。だんだんと床を踏み鳴らしてすらいる。

「わ――私は断固として反対するぞ! もっとサーヴァントに人権とか愛情とかそういうものを!」

「人間じゃないんだから人権なんてないし、愛情なら私が溢れるほど注いでるじゃないのよ」

「どこがだねっ!?」

 とうとう半泣きになりながら、アーチャー。が、凛は聞く耳持たないというように顔を横に背けると、

「あーもーうるさい。とにかくこれ、決定事項だから。……ああ、それとも――」

 そこで思い出したように、凛はアーチャーのほうへと振り返った。にっこりと――とんでもない笑顔を浮かべて、さわやかに告げる。手の甲を突き出してみせて。

「令呪でやったほうがいいのかしら?」

「く――」

 その台詞に、アーチャーが言葉に詰まる――

 ……勝敗は、この時点で決着がついた。

 

 

 

 

「アーチャーくん、困るんだよねえ。そんな恥ずかしそうにされても。もっとアピールしていかなきゃ。うちはほら、お客様に喜んでもらってなんぼのもんなんなのよぉ」

 そして、閉店後。

 アーチャーは店の奥で店長にダメ出しされていた。

「は、はあ。すまな……かった」

 大人しく頭を下げるアーチャー。その目は虚ろで、覇気がない。

 店長は細身の、黙ってさえいればさして特徴といえる特長のない男だった。まあ喋り始めたらこの調子なのだが――

(オカマ……というやつなのだろうか……?)

 店長は嘆息して、

「あと、腰。腰ね。なんかもう全然動きが硬いわ。もっとこう――ふんっ!」

 と言い、腰を『くいっ!』と突き出した。

「こんな風に、ね。わかる? こう。――ふんはっ! ほら、やってみて?」

 アーチャーはのろのろと頷くと、

「あ、ああ。ふんっ……?」

 同じように、アーチャーも腰を突き出した。どんよりとした目で聞き返す。

「こ、こんな感じ……か?」

「ちっがーう! 全然違うわ、すごく駄目。なんていうのかしらね、こう、パッション? みたいな。回して回して――ふんぬらばっ! はい、もう一度?」

 同じ動作。同じリアクション。

店長は首を横に振りながら嘆息した。

出来の悪い生徒を見る教師のような、そんな表情。

「うーん、どうしたもんかしらねえ……」

「は、はあ……」

生返事をするアーチャー。しょうがないわね、と言って店長はアーチャーの腰に手を添えた。もう片方の手を、胸へ。びくりとアーチャーは全身を引きつらせるが、なんとか耐えたようだった。店長はそんなことは気にした様子もなく、

「いい? だからここをこうして――」

「あら、一樹ちゃんどうしたの?」

 と――

 店の奥のカーテンがさっと開いたかと思うと、そこから一人の男が出てきた。見る者を圧倒させるような隆々とした肉体の持ち主である。おそらくはステージに立っていたダンサーの一人なのだろうが。

 店長――どうやら名前は一樹というようだ――は顔をしかめて、

「うーん、ちょっとねえ。新人くんが……」

「あら、そういえば見ない顔ねえ」

(この男も……か)

 なんとなく、あきらめたような顔でアーチャーは納得する。

 と、そこでダンサーの動きが止まった。

 完全に硬直している。

 そして、視線の先には――アーチャー。

「ど……どうしたのだ?」

 体に触れている店長の手をちらちらと見ながら、居心地が悪そうにアーチャーは尋ねた。その言葉にダンサーはびくりと反応すると、大きくううん、と首を振ってみせた。

「うん……そうね……」

 半ばうめくように呟きながら、ダンサーは一歩アーチャーの元に近づいた。

 思わず後退しようとするアーチャー。

 が、それには全く構う様子もなく、ダンサーは彼ににじりよる……

「アーチャーくん、あなた――」

 ぴたり。

 そう言って、彼はアーチャーの胸に手をそっと置いた。

「ひ――」

 悲鳴にならない悲鳴をあげる声を上げるアーチャー。逃げたいが、店長が押さえて――そう、おそらくは意図的にだ――いるため、それも適わない。力づくで振りほどけばいいと気づいたのは、ダンサーが完全に接近してからのことだった。互いの胸と胸が触れるか触れないかというような距離。

 そして、彼は熱い眼差しで呟く――

「よく見ると、いい体してるわねえ……」

「い、いやちょっと待て。私は――」

 顔を真っ青に青ざめさせて、アーチャー。が、ダンサーは気にした様子もなく、じっとアーチャーの顔を観察した。そっと――頬に手を触れる。

「うん、いい。いいわ。顔も私好みだし。すごくいい」

「あ……あああ……」

 もう、言葉にもならないのか、アーチャーは目に涙を浮かべてぶんぶんと首を振った。

「ねえ、アーチャーくん」

 言って彼は流し目で、アーチャーの耳元に囁いた。あまつさえ片手でアーチャーの胸元に『の』の字を書いていたりする。

「もしよかったら――この後、少し付き合わない……?」

「い――」

 ぷつり――と。

 頭の中で、何かが弾けて。

「いやだああああああっ?!」

 彼が叫ぶと同時。

圧倒的な力が膨れ上がり、炸裂した――

 

 

 

「……………………………で?」

 これ以上ないくらい冷たい目で、凛はアーチャーを睨みつけていた。

そのアーチャーはといえば、床に正座させられていた。うちひしがれたような表情。はあ――と盛大に嘆息して、凛は手に持った紙を突きつけ、声を張り上げた。

 そこには請求書という文字と、かなりの金額が書き込まれている。

「何やってくれてんのよあんた! 弁償じゃないのべんしょー!」

 ……そう。

 店の大部分を破壊したアーチャーは、命からがらあの場所を逃げだし、屋敷に戻ってきていた。

 が、当然――というか何というか――それで終わりと言う訳ではなく、後日、膨大な額の請求書が送られてきたのだった。

 アーチャーは、その言葉に反論しようと立ち上がりかけ――、そして凛の視線に負けて再び正座し直した。それでもなんとかくじけずに必死に叫ぶ。視線は合わさないままに。

「し、しかしだね、凛! あの男は私にこう、所謂セクシャルハラスメントというやつを――」

「うっさいわね、よくある話じゃない!」

「あってたまるかねそんなものっ!」

 ぴしゃりと言い切る凛に、たまらずアーチャーが言い返す。が、ふん、と髪をかきあげて凛は軽蔑したような目でアーチャーを見下ろした。

「ふうん? 言い訳するんだ、アーチャーってば」

 ぐっ――と、再び言葉に詰まる。少しの間を置いてから、搾り出すように彼は続けた。

「だ、だからあの男は――」

だが、凛はさらに声を大きくした。聞く耳持たないとばかりにがー、と叫ぶ。

「ボーイズラブくらいさくっとこなしなさいよ使えないわね! あんたそれでもサ−ヴァントなの?!」

「凛、待ってくれ凛! それはあまりにも酷というもので――」

 泣きながら抗議してくるアーチャーに、しかし凛は平然と、

「うっさいわね、文句言うんなら綺礼と絡ませるわよ!」

「い――」

 とうとう白目を向きながら、アーチャーは絶叫する――

「いやだあああああああああああっ!」

 こうして――

 遠坂家の日々はふけていくのだった。

 






SS TOPへ