×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大切なもの。

 

  

 

 

 夏と秋の狭間の時期。衛宮士郎の屋敷の居間――

「セイバー、醤油取ってくれ」

 脂ののった秋刀魚(さんま)を前に、衛宮士郎は向かいに座った金髪の少女に呼びかけた。

「はい、シロウ」

 頷き、一旦箸を置いてから――セイバーは傍にあった醤油を手に取り、士郎へと渡す。

「……それよ」

 そして。異様な迫力をかもし出しながら間に入ってきたのは――、遠坂凛。

 ――夕暮れ。とは言え時刻はとうに六時を回っている。もうすぐ秋にさしかかろうという時期であるが、まだ日は長い。

 桜は部活の用事、大河は仕事があるとのことで、本日の衛宮邸の食卓は三人のみである。

「……遠坂、差し箸は行儀が悪いぞ」

 漬物をつまみながら冷静に指摘したのは士郎だった。

「う。そ、そうね」

 大人しくその言葉に従い、凛は突き出していた手を下ろす。

「凛も醤油ですか?」

「違うっ」

 首を傾けて尋ねるセイバーに、凛はきっぱりと否定した。ずいっ、と上半身だけで士郎に詰め寄りつつ、彼女はがあーと一気に言い募る。

「その呼び方よ。セイバーはもうセイバーじゃないんだからセイバーって呼ぶのはなんか変なのよっ!」

『…………』

 勢いに圧倒されたのか、きょとんとしたまま二人は沈黙する――

「……ええと──」

 しばらくしてから、やや遠慮がちに士郎が口を開いた。

「何かのなぞなぞか? 遠坂」

「違うっ!」

 『だんっ!』と机を叩いて、凛は再び身を乗り出した。

「だからっ、セイバーはもうセイバーじゃないんだから!」

「繰り返されてもさ」

「そうですね」

 困ったような表情を浮かべて頷きあい、目を見合わせる二人。

「あーもーあんたたちはっ!」

 そこまで叫んでから――、

「……はぁ」

凛は疲れたように嘆息した。ぎろりと睨みを効かせつつ、士郎に向かって呻く。

「……とにかく、士郎は今後セイバーのことをセイバーって呼ぶの禁止!」

「なんでさ」

「だーかーらー」

 かたんっ――

 なおも凛が話そうと口を開いたト同時、静かにセイバーが箸を置いた。刹那、口論していた二人の動きがぴたりと止まる。士郎、凛。二人が自分を見ていることを確認してから、セイバーはゆっくりと口を開いた。

「シロウ、つまり凛は名前にこだわっているのです」

 ゆっくりと目を閉じ、そっと自分の胸に手を当て――続ける。

「聖杯戦争も終わったのです。『セイバー』という名前は、クラスの名前。私の本当の名ではない──と。そういうことですよね?」

「……そ、そう。そういうことよ、士郎」

 気まずそうに視線を横に逸らし――凛。

 セイバーは微笑を湛えたまま、しかし首をゆっくりと横に振った。

「しかし凛、私はそのことをそこまで気にかけてはいないのですよ」

「……あ、うん、そうなんだ」

 バツが悪そうに、曖昧に凛は頷く。

 セイバーは膝の上に手を置いたまま、続けた。

「確かに名前というものは大切なものですが、それ以上に大切なものもたくさんある──私はこの世界に残り、そのことをとても知ることが出来た」

 そうして金髪の剣士は、二人の顔を順々に眺め見た。

「シロウ、凛。貴方たち二人のおかげだ」

「……いや、改めてそう言われると照れるよな。なあ遠坂」

「……そ、そうね」

 揃って顔を赤らめ、二人はごにょごにょと呟く――

 ――それを見てから、ふいにくすりとセイバーが笑った。今までのような包み込むような柔らかいものではなく――どちらかと言うと、からかうような意地の悪いもので。

 セイバーはくすくすと笑いながら、

「むしろ、こだわっているのは凛、貴女なのでは?」

「へ? わたし?」

 ぽかんとしながら聞き返してくる凛に、セイバーは得意げに続ける。

「ええ。そういえば確か先日もシロウのことで愚痴を──」

「って、あああああああっ!?」

「……なんだよ遠坂、うるさいな」

 突然大声を上げた凛に、士郎が煩わしそうに呻く。しかし凛は顔を真っ赤にしながら『ばっ!』と振り返ると、

「ううううるさいっ! セイバー、じゃなかった、あーええとえーとっ!」

「……士郎。凛のことは名前で呼んではあげないのですか?」

 かなりいっぱいいっぱいな凛を他所に、セイバーは静かにお茶を啜りながらそう尋ねた。

「………へ?」

 全く予期していない質問だったのか――士郎はただ聞き返すのみ。

「セイバーちょっと!」

 とうとう立ち上がりつつ、凛は叫ぶ。

「そうですね、ではこうしましょう」

 セイバーは動じた様子もなく、湯のみをそっと机に置くと――にこりと笑った。

「シロウは今後、私のことはアルトリアと。そして凛のことは遠坂ではなく──」

 そして、横で棒立ちになっている凛にちらりと視線を送ってから、

「──凛、と。そう呼んではくれませんか?」

「え」

 士郎が間の抜けた声で呟き――凛に視線を送った。

「…………うう」

 もう何も言う気にもなれないのか、凛は真っ赤になった顔を背けたまま、呻くのみだった。そこまでしてからようやく事態が飲み込めたのか、士郎は頭を掻きながら、

「ああ、そういうことか」

「セーイーバー……」

 恨めしそうな声を上げて、ゆらりと凛がセイバーに近づく――が、矢張り彼女は動じた様子もなく、静かに指摘した。

「凛、それはもう違うのではなかったのですか?」

「あ、ああ、そうなんだけど……」

 うっ、と言葉に詰まる凛。

 そんな二人の様子を眺めながら、士郎は口を開く――

「ええと」

 茶碗と箸を手にした金髪の少女に向かい、呼びかける。

「アルトリア」

「はい、シロウ」

 アルトリアと呼ばれた少女はふわりと笑う。

「凛」

 次に、その横に立っている黒髪の少女に視線を。

「……なによ」

 凛は頬を赤く染めながら、仏頂面でそう聞き返す。

 士郎は照れくさそうにしながらも、はっきりと二人を見据えて、

「──いや、これからもよろしくな」

 ――そう、告げた。

 ――そして、二人の少女は虚をつかれたように押し黙る――

「……あれ」

 不安になったのか、士郎が呟く。

 なんとか立ち直った凛が、顔を真っ赤にしつつ、今度は士郎へと詰め寄っていく――

「って、何言ってんのよあんたは〜……」

「え、何か変だったか?」

 訳がわからないというように、士郎は尋ねる。

「いえ」

 静かに首を振りつつ、彼女は再び湯のみを手に取った。ぎこちなく言い争っている二人を眺めながら、お茶を一口すすり、呟く――。

「――実に、シロウらしい」

 

 




SS TOPへ