×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

雪月花

 

 

 

 

 

「あ」

 と言う声にふと振り返れば、そこにいるのは見知った顔だった。洗いざらしのジーンズ。やや色褪せた黄のウインドブレーカー。手にした大きなビニール袋が、彼女の動きに合わせてがさりと音を立てる。

 彼女はきょとんと眼をしばたくと、意外そうに呟いた。

「あれー、どうしたの桜ちゃん」

 言いながら、隣へと並んでくる。

 ────深々と底冷えする空に一つ、白い月が薄淡く光る夜。風はささやかに揺らいで草をざわつかせている。

 心地よいその音に半ば身を委ねつつ、間桐桜はほんの少し、小さく微笑んで見せた。

「いえ、藤村先生こそ」

 広い草原の上には、彼女たち二人の影が闇の上、薄ぼんやりと浮かんでいた。それより少しばかり離れた丘の途中には、太く大きい黒い影が横たわっている。

 それは花を満開に咲かせた桜の木。薄桃色の花びらが黒々とした幹から伸び、広がっている。

夜の暗さの中にあるせいか、その光景にはやけに現実さがない。夢の中からすとんと切り落ちたようだ、と桜がぼんやりと考えていたその矢先に──先ほどの声が唐突に降りかかったのだった。

「あははっ、もう桜ちゃんの先生じゃないよー」

「でも──それでも、やっぱり先生ですから」

 苦笑する大河に桜もまた同じ笑みを浮かべ、二人揃って桜を見上げている。

「それに、きっとそう呼びたくなるのは」

 一枚の花びらが枝から離れ、不規則な軌道を描きつつ地面へと落下していく様を目で追い──桜は静かにかぶりを振ってみせた。胸の前で両手を組み合わせて、唇を震わせる。

「……綺麗ですね」

「うん。夜桜も悪くないね」

 足を伸ばした甲斐があった、と頷いている大河をちらりと一瞬横目で見て、桜は告げる。

「最近──、夢をみるんです」

 その視線は、前方にある桜ではなく、どこかもっと遠くを見つめ。

「先輩がいて、遠坂先輩がいて」

 その口元には、自然と笑み。

「カレンさんとか、バゼットさんとか、イリヤちゃんとか──みんながいたころの夢を」

 うん、と小さく大河は頷いた。

 そろそろと視線を桜へと移し、慎重に訪ねる。

「……寂しい?」

「……もう、慣れました」

そう言ってほほ笑む桜の顔は、泣き笑いのような。

「そっかあ──」

 大河はただそれだけ呟いて、再び視線を前方へ戻した。

 そっか、と。もう一度──ひとりごちるように零す。

 会話が途切れた。

 薄い月明かりの下、桜の木を二人、見上げている。

「月、綺麗だねえ」

 大河がふいにぽつりと呟いた。

「そうですね────」

 桜が小さく頷いて、手を差し出した。

「でも、本当、綺麗……」

 その掌に、一枚の桜の花びらが舞い落ちた。

「なんだか、雪みたいですね」

「そうだね──」

 大河は曖昧に頷き、目を細めた。

「なんかねえ」

 あそこね、と木の幹を指差して、苦笑する。

「あとちょっとがんばったら、そこから士郎が出てくる気がするのよねえ」

「ええ?」

 困ったように笑う桜。

 大河は声色をぐっと低くして、

「悪い藤ねえ、遅くなった──とかなんとか言ってさ。なんかもう、本当に軽いのりでさ」

「……ああ、先輩ならありそうですね」

「それでさ、なんかわけのわからないお土産沢山くれるのよね、きっと」

 困ったもんよねー、と肩を竦める大河。

「三年前は……あ、ワインでしたっけ」

 唇に指を当て、桜。

「そうそう。フランス行った時に買ったとか言う。イギリスのじゃないんかい、ってねー」

「あ、ありましたねえ」

 すくりと小さく、桜は微笑む。

「そっか。もう三年かあ」

 あーあ、と両手を地面に付き、大河は足をばたつかせ始めた。

「そうですよ」

 髪をそっとかきあげ、桜は静かに目を閉じた。

「もう、三年になっちゃうんですよ……」

「遠坂さん経由で連絡とれないの?」

 ぱたんと足をおろして大河は尋ねる。

「姉さんもなんだか忙しいとかなんとかで、全然連絡とれないんですよ」

「そっかあ」

 ふーん、と大河は頷き、再度足を動かし始めた。

「なんか、皆、ばらばらになっちゃったねえ」

「そんなことないです」

 桜の返答は素早かった。

 そのことに自分でも驚いたのか、彼女ははっと目を見開き──そして、そっと伏せた。

「そんなこと……ないです」

 もう一度。繰り返す。

「……ん、そうだよね」

 大河はやさしく微笑んだ。

『………』

 二度目の沈黙が訪れた。

「士郎、早く帰ってこないかなー」

「そうですね……」

 二人、桜を見上げながら、呟く。

「待つんだって、結構しんどいんだぞー、と」

 大きく伸びをして、大河。

「本当ですねえ……」

「ねえ」

 ──大河がそっと目を向け、小さく零した。

「士郎さあ」

「はい」

 見返してくる桜の視線をそっと外し、大河は静かに首を横に振った。

「……ん。なんでもない」

苦笑のように自嘲する。

「あーあ」

 頭の後に手を回し、大河はそのままごろりと寝転がった。

「早く帰ってこないと本当にお嫁にいっちゃうんだからねー」

 桜もまた、両手をきゅっと握り、それに同意する。

「そうですよ。早くしないと先輩、後悔しちゃうんですっ」

 ざあ、と風が吹いて桜が揺れた。

「先輩────」

 髪を押さえながら、彼女は桜の木を見上げる。

 その唇が、小さく動き。

「───士郎、さん……」

言葉を、載せる。

──風が舞う。月の照らす夜。雪のような花びらがいつまでも舞っていた。










SS TOPへ