×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ぷちセイバー

 

 

 

「な」

 その声はセイバーのものだった。

「な」

 驚愕と絶望に満ちた、震える声。

「なー!?」

「──どうしたセイバー!?」

 だんっ!

 セイバーの絶叫のすぐ後に襖が開き、士郎が飛び込んできた。

「し、シロウ……」

 セイバーはふるふると震えながら、それでも返事をする。

「って、これって……?」

 シロウが思わず呻いている。 

 セイバーの姿は小さくなっていた。

 全長20センチほどである。

「はーははははは!」

 と。唐突に天井から笑い声が響いた。見上げるとそこには何故か凛が張り付いていた。うふふふふ、とにやけた眼差しでセイバーを視姦しながら、

「というわけで、セイバー! あなたの体はちっちゃくさせてもらったわ萌えー!」

「り、リン!? これは一体──!?」

「うふふふふふふう」

 よだれをぬぐいながら、しゅたっと床に降り立つ凛。彼女は身をかがめるとセイバーの頬をそっとなでて、

「あー、いい。いいわ。もうかわいすぎ。お姉さんが食べちゃいたいくらいよ! ってゆーか食べちゃう! いただきます!」

「遠坂、どういうことだよ!」

「あんたはひっこんでなさい!」

 振り向きすらせずガンドを士郎に打ち込み、セイバーを愛でる凛。

「凛、一体なにごとですか!」

「以下同文!」

 飛び込んできたバゼットに同じようにガンドをめり込ませ、凛がそっとセイバーの髪をなでる。

「さあ、というわけでお姉さんと一緒にめくるめく快楽の18禁ワールドへっ!」

「あ、ああああああああああああああああああああ」

 がたがたと震えるセイバー。

 ──ごんっ。

 と。やたら鈍いそんな音が響いた。同時、凛がだらだらと血を後頭部から噴き出し、ゆっくりと倒れていく。

「あああ、あ……?」

「ふう」

 恐る恐るセイバーが顔を上げる──そこには、手にまな板(縦向き)を持った桜がいた。どうやらそれで殴ったらしい。

「全くもう。姉さんは暴走しすぎですっ」

「さ、サクラ――!」

 目をきらきらと輝かせるセイバーに、にたりと底冷えするような笑顔を浮かべて、

「そもそも、セイバーさんはわたしのオモチャなんですから」

「は───?」

 ぽかんとするセイバーに、桜はだらだらと流れる鼻血を拭おうともせず、

「さあ、一緒に快楽のとりこに」

「一緒ですよ!」

「桜ー!?」

 と。がばりと身を起こして凛が復活した。顔面を血で染めつつ抗議する。

「あんた何すんのよ!」

「ってリン、血! 血―!」

「ん? ああ、こんなもん気合よきあい」

 大して気にも留めていないように、凛。

「ち、ちなみにリン、そしてサクラ」

 セイバーは恐る恐る口を開く。

「私に――具体的には、どんなことをするつもりですか?」

 それを聞いて、姉妹はぽっと顔を赤らめながら、

「それは、ねえ」

「わたしの口からは言えないわよ。書いたら18禁サイトになるし」

「いや、意味がわかりませんが!」

「とにかく色々と楽しいことだからね!?」

「リンが楽しいだけでしょう!」

「そこんとこの答えはノーコメントで!」

「ああもう! 結局最後の手段で――」

 両手を構え、宝具を出現させようとして──そこで固まる。

「――あれ」

「ふふふふふふふふふふ」

 にたり、と姉妹そろってそっくりな笑みを浮かべる。凛はふふんと腕組みしながら、

「悪いけど宝具は使えないわよ?」

「な、なななななな」

 動揺するセイバーに、桜がえへんと胸を張ってずびしと袋を突き出す。

「この、宝具禁止薬を一緒に飲ませましたから!」

「そんなのあるのですかっ!?」

 たまらずにセイバーは叫んだ。

「あるのよ! 3パック1000円で!」

「しかもなにげに安い!?」

「そんなのわたしの知ったこっちゃないっ!」

 言い切ると、凛はじりっとセイバーとの距離をつめていく──

「さーて、セイバーちゃあん? お姉さんと一緒にちょめちょめしましょうねえ?」

「ちょめちょめって。」

 さすがに聞き咎めたのか、桜が呻く。そして。

「ふーじこちゅわーん!」

 叫ぶと同時、凛がセイバーに向かってダイブして──

 ぱちっ。

 ──そして、そこで目が覚めた。

「あー」

 頭を振りつつ、呻く。

「夢、ですか」

完。






SS TOPへ