×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

「ありがとう、ございましたー」

 花屋の店員を声を背に、彼女は舗装された道をゆっくりと歩いていた。

 その手にあるのは小さな花束。それに目を落とし──そっと匂いを嗅ぎ──嘆息する……

 春と言うには少しばかり肌寒い一日だった。風が強いせいなのだろうか──見れば、店先の旗もいつもよりも強くはためいている。

 ──と。視界の隅に、小さな薄いピンク色が映り、彼女は視線を上げた。長い髪を手で押さえながら、眩しそうに目を細めて。

 前方を舞っていたそれは、風が収まるにつれ、その動きを緩やかなものへとし、そして道路へと落ちた。

 近寄り、身をかがめ、髪をかきあげながらそれを拾い上げる。

 ──そこにあったのは、一枚の桜の花びら。一体どこから飛んできたと言うのだろう──この辺りには、木など生えていないはずだと言うのに。

「そっか」

 僅かに口元を綻ばせながら彼女は立ち上がった。

再び吹き始めた風に乗せるように、そっと手を持ち上げ、振りかざす。

──花びらはしばらく彼女の掌に残っていたが、やがて小刻みに震え始めたかと思うと、あっという間にその姿を空へと移した。くるくると舞いながら、どこかへと飛んでいく──

その様子を目で追いかけながら、彼女はくすりと小さく……どことなく寂しげな微笑を浮かべた。

「もう──そんな季節なんだなぁ……」

 呟いて、彼女──間桐桜は眩しそうに空を見続けていた。

 

 

 

 

 

 

「    」

 

 

 

 

 

 

「よい、しょっと」

 ごとん──

置かれた衝撃で、バケツの中の水が揺れ、僅かに中身が零れて落ちた。

 大きく息を吐き、桜は額を拭い、鞄をそっと墓石の傍へと立てかけた。

──衛宮家之墓。墓石にはそう刻まれている。

その文字をゆっくりと読み上げ、そして、嘆息。

のろのろとした動作で墓石の裏へと回ると、そこには(ほうき)塵取(ちりとり)が置いてある。それを手に取り、彼女は墓石の周りを掃除し始めた。

 

 

 

──お葬式では泣きませんでした。

今でもどうしてなのかはわかりません。

悲しくないわけではなかったんです。

悲しすぎて、悔しすぎて、何が何だかわからなかったかもしれない──今になって考えてもそのくらいしか、わからないんです。

 

 

 

掃除を終え、次に彼女は墓石へと水をかけ始めた。

濡れてない箇所がないように念入りに、何回も柄杓を持ち上げる行為を繰り返す……

 

 

 

──式が終わって、遺品だけが入ったがらんどうの棺を前にしても泣きませんでした。

ああ、からっぽだなあ、なんて。

そんなコトをぼんやりと考えていた気がします。

初めてお墓に行って、手を合わせて。

これからきっと、このお墓を掃除することが日課に加わるんだろうなあ、なんて。

そんなことを思いながら、ようやくわたしは涙を流しました。

 ──先輩が死んだと言うことを聞いたのは姉さんづてでした。

紛争に巻き込まれて死んだらしいです。詳細は知りません。だって、姉さんは詳しくは話してくれなかったから。

でも正直、それでいいと思いました。そんなことを知ってもきっと、何もいいことなんかないし。何より──もう先輩は戻ってこないのだから。

 

 

 

次に桜は身をかがめ、鞄を漁り始めた。中から線香とマッチを取り出す。束から数本を抜き取り、墓前にさす。マッチに火をつけようとするが、不器用なのか、なかなかうまくいかないようだ……

 

 

 

……お墓はロンドンにもあるそうです。あっちではもうお葬式もやっていて、遺品の半分はあっちに納めてあるそうです。だから、こっちには半分だけ。それだけしかないんです。

先輩はずっとこっちに住んでいたのに。海外に行ったのは三年前なのに。それなのになんで日本には半分しかないんだろう。それが凄く、悔しかったのを覚えています。

遺骨はそもそもないそうです。それがどう言うことなのかは────よく、わかりません。わからないんです。

わたしは何も知りません。きっと本当の先輩を何も理解できていません。今までは出来ているつもりだったのに。それがなんで、どうしてそんな風に思えてしまうんだろう──。

でも、それでもわたしはこうして今もお墓参りに来ているんです。ここに先輩だったものはなくても、でも、それはきっと大切なことだから……

 

 

 

見上げていた空から視線を下ろし。彼女はすっと手を合わせ、目を閉じた。

さわさわと。緩やかに風が流れる──。

「…………」

 一分、二分……彼女はそうしたまま動こうとしなかった。

「……随分と長い間祈るのですね」

ふいにかけられた声に、桜はびくりと反応した。慌てて後ろを振り返る──そこには。

「カレン、さん……」

 おおよそこの場所には似つかない、修道服の女性がそこには立っていた。彼女は無言のまま桜の隣に並ぶと、

「確か、こうやるのでしたね」

 言って、両手を顔の前で合わせ、目を閉じる。

 それを見て慌てて桜もまたそれに続いた。

「……今日来たのは、報告のつもりでした」

 ──カレンは唐突にそう告げた。

 はっとして目を開くと、カレンは手を下ろし、じっと墓石を見つめていた。その表情は、どこまでも平坦なものだった。

「新しい赴任先が決まりました。こちらには……当分こられないでしょうね」

「──そう、ですか」

 そっと目を伏せ、桜は頷いた。

「寂しく……なりますね」

「ええ、そうですね」

 静かにカレンが同意する。

「あの頃に──」

 やや声を張り、桜はすがるような眼差しをカレンへと向けた。その肩を掴もうとして……それはなんとか自制する。代わりなのか、自分で自分の体を抱きとめながら、彼女は訴えるような口調で告げた。

「あの頃に戻りたいな──、って。そう何度も思うんです」

 視線を落とし、やや俯きがちになりながらもしかし、声はやはり大きいままで、続ける。

「姉さんがいて、先輩がいて──皆がいて」

 きゅっ、と拳を握り締めて。桜は声を震わせた。

「一番、幸せでした……」

 そうですか、とカレンは頷いた。視線をやや桜から逸らし、ふうと息を吐いて、続ける。

「──過去には戻れませんよ」

 その一言は冷淡ですらあった。

「そう、ですね……」

 俯き、自嘲するように笑う。

「でも」

 ざっ──

 カレンは背後を振り返りつつ、そう呟いた。

「だからと言って過去を全て切り捨てるのは、賢明とは言えませんが」

「思い出に!」

 悲壮さすらその目に浮かべて、桜は言葉を投げかける──

「──思い出に、すがりそうになる、のは……きっと、弱いから、なんでしょうね……」

 最後のほうは、ほとんど呟くように。

「そうですね」

 カレンは小さく口の中で呟き、そしてそっと目を閉じた。

「でも……、きっと、とても、大切なことだと思いますよ」

 さわっ……

 風が二人を撫でる。

 カレンは背後は振り返らず、前を見据えたまま口を開く。

「では、私は行きます」

 小さく息を吸い込み、

「──さようなら」

 その一言を告げる──。

 桜はその一言を聞き、数秒動けずにいた。

 だが……それでも、笑みを浮かべると、両手を胸の前で組みながら、

「────はい。さようなら、カレンさん」

 その言葉を聞き、カレンは足を進み始める──

 ざっ、ざ、ざっ、ざ、ざっ、ざ……

 遠ざかる足音を聞きながら。

「……さよう、なら……」

 桜はうなされるようにしてもう一度そう呟いた。

 手を解き、墓石へと振り返り……桜は。

「……っ」

 手で口を押さえて蹲った。こつん、と。墓石に額を押し付け、自嘲する。

「────先輩。先輩は、こんな私を笑いますか?」

 もう聞こえなくなった足音をそれでも懸命に耳で探りながら、それでも桜は立ち上がらずに振る。

「でも──わたしは……生きます」

 さわり。木々が揺れだす。

 一雫。彼女の瞼から涙が零れて落ちた。

「これからも……先輩の分まで、生きていきますから……」

 ざわっ──

 雑草がざわめき出す。

「だから、先輩──」

 泣きながら。笑いながら。彼女は必死に言葉を紡いで──

 

「─────      」

 

ざあぁぁぁ…………………っ

 

──彼女の言葉は、風に掻き消され。

風は舞い上がり、流麗に空を流れていく──

そしてその青空の中、一枚の桜の花びらがどこへ向かうともなく、舞っていた。







SS TOPへ