×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

髪型バトルフェイズ






 

 

 

「──……別れよう、遠坂」

 しん──とその発言で場が静まり返った。

 唐突と言えば唐突すぎた。部屋に入り、お茶をいれ、さてこれから次の講義に向けての対策を──と言う時。彼は呟いていた。

 ロンドン。凛のアパートメントの一室には今、凛、士郎、ルヴィア、セイバーの四人がいる。

かちっ、と時計が時を刻む音で我に返ったのか、凛は『ばっ!』と手をふるい、叫んだ。

「って、なんでよっ!?」

「なんで、か……。そうだよな……」

 士郎はひとり自嘲するようにして俯いた。

「……でもな遠坂。俺、もう駄目なんだ」

 その眼差しはあまりにも真っ直ぐで。

 凛は怒ることすら出来ず、ただ不安げに眉を寄せる。

「ずっと──ずっと我慢してたんだけど、駄目なんだ。もう……限界なんだよ、遠坂」

 切実ですらあるその言葉に、凛はただ首を横に振る。納得できない、そう目で訴えながら。

「……本当? 本気なの、士郎……?」

「………………ごめん。」

 士郎の言葉は、たったそれだけ。

 それが、逆に、とても重い──。

「……そう」

 呟く凛の声に感情の色はなかった。

 そこにあるのは、ただ事実を、あるがままを受け入れた──、それだけ。

 そう、ともう一度呟き、彼女は。

「でも、最後に聞かせて……? ……何で……?」

 そろそろと。

 傷つくのが分かっているというのに、──それでも凛はそう訊ねずにはいられなかった。

 士郎は……無言のまま下を向いている。

 が、それも数秒。

 彼はやおら顔をあげると、

「だって……だってルヴィアさん、縦ロールじゃないか……」

 ──そう、辛そうに顔を歪めながら呟いた。

 その言葉に凛は茫然として、すとんと表情が抜け落ちた。

「縦、ロール……?」

 呟く凛の隣では、セイバーが辛そうに唇をきゅっと噛み、ふいっと視線を横へと向けた。

 凛は、唸るように囁く。

「……どう言うこと? 士郎貴方、ツインテールが好きだって言ったじゃない──!」

 途端厳しい顔つきで迫る凛に、士郎は静かに首を横に振った。

「好きだよ──いや、好きだった。……いや、違うな。今でももちろん好きだ。けど遠坂、」

「……やめて。聞きたくない」

 ふいっ、と首を横に逸らし、凛は吐き捨てる。その唇が僅かに震えていた。士郎は俯いたまま続ける。

「違うんだ遠坂聞いてく──」

「聞きたくないって言ってるでしょうっ!?」

 ばんっ!

 床を叩き、凛が絶叫した。しかし士郎はひるまなかった。

「駄目だ。いいか遠坂、俺は……俺は、さ……」

 震える言葉。逡巡するかのようなその瞳。ぽかんと口を開けたままの凛からそっと目を逸らし、士郎は胸の内を絞り出すようにして告げた。

「……気づいたんだ。気づいてしまったんだよ──ずっと……ずっと俺、ツインテールが最高だ、って。そう思ってた。でも、そうじゃなかった。──わかるか遠坂、人は変わる。変わってしまうんだ。これはもうどうしようもない事実なんだって──そう嫌ってほどに思い知らされたんだ──」

「士郎……」

 うなされるかのように呟く凛。

 士郎は顔を歪めながらも、拳を握り、叫ぶ──

「俺は──今の俺は、ツインテールも好きだけど、でもそれ以上に縦ロールが──好きなんだ……! 愛してるんだッ!」

 その声は慟哭するかのように部屋に響く。

 凛は最早何も言う言葉を持たないのか、ただ瞳を伏せているばかりである。

 静寂の中──ふう、という嘆息が響いた。

 見れば、ルヴィアは辛そうに目を細め、凛を見下ろしていた。勝ち誇るでもなく、蔑むでむなく。そこにあるのは、憐憫──

「もういいでしょう、リン……? ──ほら、いきますわよシェロ」

 言うなり、そっと背を押しルヴィアは部屋から出ていこうとする──

「ちょ、ちょっと待ちなさいよ!」

 慌てて凛が叫んだ。

 ちらり、と横目だけで振り返るルヴィア。

 士郎もまた不安そうに凛を見つめている。

(……凛、わかっているとは思いますが)

 心配そうにセイバーがこっそりと耳打ちをしてくる。こくり──と真剣な眼差しで頷き、凛はゆっくりと口を開く……

「わ……わたしも」

 逡巡に一瞬瞳が揺れる。が、彼女はきっと視線を鋭くすると、

「わたしも縦ロールにするわよっ!」

「凛、それは駄目だ。貴女はツインテールでなければならない。それはもう決まりきったことなのです」

 諭すような口調で告げたのは、仲間であるはずのセイバーだった。ふるふる、と。悲しそうな瞳で見つめてくる。士郎もまたそれに続いた。

「そうだぞ遠坂。何恐ろしいコト言ってるんだ。世界の法則を崩す気か?」

「全くですわね。無茶にもほどがありますわ。己の器量も知らずによくもまあそんなことを……」

 はあ──と心底呆れたように呟くルヴィアを恨めしそうに見据え、

「じ、じゃあ」

 凛はうなだれつつ、吐き出すようにして呻いた。その拳はぐっと強く握りしめられている──。

「じゃあ──どうすればいいのよ……」

「いや、それは……」

 言葉に詰まる士郎。

 ルヴィアは何も言わず、嘆息している。

 と、ふいに『きらーん』と目を輝かせたのはセイバーだった。

「……そうですね、では凛、このようなものはどうでしょう──」

 言うなり、こそこそと凛へと耳打ちする。

 ふんふんと頷く凛を尻目に、ルヴィアは嘆息ひとつして士郎の背中を押した。

「ささ、シェロ、参りましょう?」

「待ちなさい!」

 再び呼び止められ、ルヴィアはうんざりした表情を隠しもせずに振り返った。

「まだ何か……?」

「士郎、私は!」

 ルヴィアの声には耳も貸さず、凛はただ士郎だけを見つめて、『ばっ!』と手を振りはらい、

「──ツイン縦ロールにするっ!」

「愛の奴隷と呼んでくれハニー」

完。








SS TOPへ