×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「後後日談。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、

 

空は快晴。

強い日差しは季節の感覚を麻痺させる。

海風は頬に心地よく、ウミネコの鳴き声が寂しさを緩和させる。文句のつけようのない絶好のロケーション。

平和な冬木の町を象徴するかのような港に今、一つの影が足を踏み入れた。

 男装の麗人──バゼットだった。

 彼女はゆっくりと視界を見渡していき──、やがてある一点で目を止めた。

そこに座るは、一つの人影。

青い髪の男が、面倒くさそうな、かったるそうな眼差しで海に向かって釣り糸を垂れている。

嘆息。バゼットは少しばかり肩を竦めてから、その男に向かってゆっくりと歩き出した。

背中から三歩ほど距離を開けた位置で立ち止まり、口を開き、そこで止まる。胸元で拳をきゅっと握り締めてから、彼女は再び息を小さく吸い込んだ。

「ランサー」

 静かな問いかけにはしかし、男は答えない。

「……ランサー?」

もう一度呟く。今度はやや口調を強くして。

それでもなお、返事がない。

バゼットはふうと息を吐くと、ぐるりと肩ごしに顔を突き出し、ランサーの顔を覗き込んだ。

「……寝ている……のですか?」

「いや、起きてるけどよ」

 こっそりと尋ねた一言には、予想外の返事があった。

 目だけを動かしたランサーと、彼女の瞳がまともにぶつかる。

「───っ!?」

 一瞬にしてバゼットの顔が赤く染まり汗が浮かび上がる。そしてそれよりも数瞬か早く、拳を握り締めた。

「っと、待った待った。目が合ったくらいで殴られるなんてたまんねえって」

 慌ててぶんぶんと手を振ってみせながら、ランサーは苦笑する。

そこまでやられて始めて、バゼットはようやく事態を理解したようだった。

未だに赤い顔を隠すように頬に手を当て、くっと悔しそうに顔をゆがめながら、床を凝視する。

「あ、あ、貴方という人は──! わざとやったのですか!?」

 顔を真っ赤にして喚き散らすバゼットに、ランサーはああ、とあっさり首を縦に振った。

「ん……、まあそうだな。そういうことになるか」

 それを見てバゼットは目をしばたいていたが、やがてがくりと肩を落すと深く嘆息した。

「何なのですか、一体……」

 疲れたように、呻く。

「いや、特に意味はないけどよ。……にしてもまた随分と久しぶり──でもないか、マスター。……いや、元マスターか?」

 言ってにやりと笑ってみせるランサーに、バゼットは口をぽかんと開けると、

「な──ち、違います。貴方は私のサーヴァントだ。今は一時的に貸し出しをしているだけで、」

「ああ、ああ。わかってるっての、んなこと」

めんどくせえな、と手を振り、釣竿に手をかけるランサー。

横目でちらりとバゼットを見てから、彼は苦笑ともつかない嘆息をした。

「いや、しかしなあ……」

「──? なんです、私の顔に何か?」

 訝しげに顔をしかめるバゼットに、ランサーはもう一度苦笑してみせた。今度は(いささ)か笑いを堪えて。

「いや。相変わらずだな、と思ってな」

「……? よくわかりませんね。一体何が相変わらずなのですっ」

 もうっ、と腰に手を当てて聞いて来るバゼットに、ランサーは口を開きかけた──が、途中で言葉を飲み込むと、肩を竦める。

「んん? そうだな──いや、やめとくわ」

「──まったく。何だというのです。……ですが、貴方も相変わらずのようですね」

 やれやれ、と肩を竦めるバゼット。ランサーは口を歪めながら釣竿を操る。

「ま、そんなもんだろ」

「──ああ、それだ」

 どこかほっとしたような、懐かしむような口調にランサーは振り返った。

「ん?」

 見上げると、バゼットは両手を胸の前で合わせ、破顔していた。

すっと目を閉じ、小さく頷く。

「いえ、その言葉。前は随分と苛立ったものですが──そうですね、今だから言えることなのかもしれませんが、そう悪くもないですね」

 ランサーはそう囁いているバゼットをぼんやりと見上げていたが、やがて口元を歪めると、

「……なんだ。アンタ、随分変わったんじゃねえか?」

 からかうように尋ねると、バゼットは納得がいかないと言う様に首をかしげた。

「私が? どこがです」

「ああ──いや、いいわ。そうだな、アンタ、そういうヤツだった」

 ひらひらと手を振り、シニカルに笑うランサーを軽く睨みつけ、腕を組んでバゼットは唸る。

「気になりますね。一体なんだと言うんです」

「いや、なんでもない。単にアンタがいい奴だって話だから」

「は、はあ──?」

その言葉は完全に予想外だったのか、バゼットは目を白黒させた。

ランサーはこんこん、とコンクリートの地面を叩いてみせて、

「まあほら、いいから座れよ。何か話でもあるんだろ?」

「そうですね。話というか……そう、顔を見たくなった──ではいけませんか?」

 どこかおずおずと切り出してくるバゼットに、ランサーは今度こそ完全に苦笑した。

「いや、いいんじゃねえの。……ったく、何言うのかと思えばそんなことか。変な遠慮なんかするんじゃねえよ、気持ち悪い」

 では、とランサーの隣に、両足を伸ばして座る。

「む。それは聞き捨てなりませんね。遠慮ではありませんっ」

「そうかい」

 さらりと流して、ランサーは再び釣竿に集中し始めた。

しばらくすると獲物がひっかかったのか、おっ、と身を乗り出した。

その様子を横から微笑みながらバゼットが眺めている。肩を抱くように身をすくめ、水面に目を落とす。

「……少し、肌寒いですね」

「ま、そんなもんだろ。────ちっ、逃げられたか……」

 何もなくなった返しに顔をしかめつつ、ランサーが釣り糸を手繰り寄せる。

「……まただ」

 ふいに思いついたように呟くバゼットに、ランサーはああ、と頷いた。

「……そうだな」

「……」

「……」

 ぽちゃん……

 仕掛けを付け終えたランサーが、再度釣り糸を海へと放り込んだ。

 ゆらゆらと揺れる海面をぼんやりと眺めながら、バゼットは小さく呟いた。

「……困った。何から話せばいいのかわからない」

「くくっ──」

 ふいに肩を震わせて笑うランサーに、バゼットは顔を赤らめながら問い詰めた。

「な、何がおかしいのです」

 片手を振って、ランサーはいやいや、と続けた。

「ああいや、悪い悪い。いや、アンタらしいって思ってな」

 ふう──と大きく息を吐く。

 青い海から、青い空へと視線を移して。

そうだなあ、とぼやくようにランサーは呟いた。

「何でも構わねえだろ。話したいことから順に話していけばいいってことだ」

「ふむ、なるほど」

 その助言に真剣に耳を傾け、バゼットは頷いた。

片足を腕で抱え、海に目を落としながら、口を開く。

「実は私は今、士郎君の家にお世話になっているのですが──」

「ああ」

「……そうですね、実に色々なことがありました」

 静かに頷き、彼女は空を見上げ──眩しそうに目を細めた。

空いているほうの手を頭の上にかざし、そして僅かに表情を隠すようにしながら、彼女は。

「きっと──ここに来なければ体験出来ないようなことも、多くあったのだと思います」

「へえ?」

 聞き返してくるランサーに、がばりと身を乗り出してバゼットは口を開く──

「そうそう、そう言えばですね……」

快晴の空の下。

 二つの影が水面に揺れ、たゆたっていた。







 

              2、

 

 

 

「初めは……そうですね、士郎君の家に行ったところからですね──」

 

 

 

 

「そうそう、仕事を探したのですが、これがまた難しくて──」

 

 

「──教会を修理しようとしたことも──」

 

 

 

 

 

 

「ああ、勘違いしてフジネエを倒そうとしたこともありました────」

 

 

 

 

「先日のあれは──そうですね、速やかに忘れてくれると助かります。あれは凛さんたちに着せられたのであって、決して私の趣味では──」

 

 

 

「そうそう、面白かったのはカレンですね。まさかあんな風に変わるとは……」

 

 

 

 

 

 

「あとは、屋敷を修復しようとして──いえ、これはいいですね。ええ、何でもありません」

 

 

 

 

「この前は面白いことがあったんです。凛さんとイリヤの体が入れ替わって……いえ、正確にはそうではないのですが──」

 

「ああ、あとルヴィアゼリッタという人がこの前やってきてですね──」

 

 

 

 

 

「そうだ、セイバーさんともやりあったことも────」

 

 

 

「あとは……そう。桜さんが、もうほとんど告白みたいな感じでですね──」

 

 

 

 

「──凛さんは先日またロンドンへ帰っていきました。ルヴィアゼリッタも……私はただの居候ですが、それでも正直寂しいですね──」

 

 

「……そのときに、思ったんです。別れは、出会った以上あるけれど。でもやっぱり──」

 

 

 

 

 

「皆……前に進み始めました。士郎君もなんだか、顔つきが変わってきていて──桜さんも……」

 

 

1、

 

 

 

赤く染まった海と、空と。

二つの人影が港のコンクリートの上に長く伸びている。

「──ふう」

 大きく息を吐き──、バゼットは両腕を上に突き出し、伸びをした。

「なんだ、疲れたのか?」

 相変わらず釣り糸を海に垂らし、ランサーはにやりと口を歪めて尋ねた。

 バゼットは肩を竦め、不敵に笑い返す。

「まさか。ちょっと一息ついただけです」

「そうかい」

 バゼットは赤く染まったランサーの横顔を眺めていたが──やがてふと、腕時計に目を落とした。む、と呻く。

「ああ、しかしもうこんな時間ですか。そろそろ行くとしましょうか。遅くなると士郎君が心配してしまう」

 夕焼けの空を眩しそうに見つめながら、バゼットはくすくすと笑いながら呟いた。

「なんだ、そりゃ」

 呆れたような表情のランサーに、バゼットは大袈裟に肩を竦めて、盛大に息を吐いてみせた。

「夕飯の時間に間に合わないと、セイバーさんが怖いので。だから最近は皆食事時になると大体家にいますよ」

「なるほど、なるほど。くくくっ──」

 楽しそうに笑うランサーに、そっと視線を投げかけて。バゼットは小さく微笑んだ。

「──ではランサー。そろそろ行きますね」

 ざっ、と一歩踏み出し、バゼットが告げる。

「ああ、わかった」

 ひらひらと手を振りながら、ランサーが振り向くことなくそれに頷く。

ああ、そうそう──とついでのように彼は付け足して、

「ま、俺は大体ここにいるからよ。気が向いたら来いよな」

「…………」

 その言葉は完全に不意打ちだったのか、バゼットは思わずぽかんと口を開けて立ち止まっていた。

「……どうした?」

 気配が揺れた事に気づいたのか、ランサーが振り返る。

 ぎゅっ──

 両手を胸の前で握り締めて、バゼットはやや遠慮がちに、おずおずと切り出した。

「また──、会えるのですか?」

「ああ? まあ、そうだな。時間さえ合えば会えるんじゃねえか?」

「──そう、ですね……」

 ふっ、と微笑。

 そうしてバゼットは視線を上げ、赤く染まった空を眺めながらぽつりと呟いた。

「そうなのだと、思います」

「アンタ、不器用だからなあ」

「そうですね。──ああ、そうだ。それは本当に、認めなければならない……」

 苦笑するランサーに、苦笑を返すバゼット。

「まあ、なんだ」

 よっ、と言う掛け声と共に立ち上がり、ランサーはやや体を傾けたまま、片手を腰に、もう一方の手で髪をかきあげながら──尋ねた。

「今日は楽しめたかい?」

「な────」

 絶句するバゼットに、ランサーはん? と目をしばたいた。

「──いや、何かあったんだろ?」

 きゅっ──

バゼットは一瞬唇を噛み締め、そして盛大に息を吐いた。

半ば諦めたような、安堵したような。それでいて懐かしむような──そんな表情。

やがて彼女はゆっくりと首を横に振ると、

「……まいった。貴方には見透かされてばっかりだ」

「まあ、頼りないとは言え元サーヴァントだからな」

 釣竿を片付け、バケツの中を覗き込み、わずかに舌打ちをしてから──ランサーは腰をかがめたその視線のまま、バゼットを見上げた。

「──でも、それでも、アンタが辛いときくらいなら、支えてやる自身はあるぜ?」

 びっ、と指を突きつけながら、少し照れくさそうに頬をかき、笑う。

「アンタの人生はアンタが頑張るしかないんだろうがな、それでも支えるくらいは出来るんだ。だから変な遠慮なんかするんじゃねえぞ」

 

 

 

──その荷物は誰も持ってやる事はできない。自分で抱えるしかない。人間に支えあう事ができるのは荷物じゃなく、荷物の重さで倒れそうな体だけだ──

 

 

 

 今度こそ──

 完全に不意打ちを喰らい、バゼットは棒立ちになった。

「ふ……っ」

 バゼットは弾かれたように俯くと、手で顔を押さえた。

「ん? ……え、いやちょっと待て」

 さすがに動揺したのか、バゼットに駆け寄ろうとするランサー。

が、その寸前、制するように突き出された彼女の手を見て、ふうと嘆息して足と止める。

「あーくそ、待てってのによ……何で泣くかな。いやアンタそもそも泣くんだな」

「……っ、なんです。私が泣いたらおかしいとでも?」

指の隙間からぎろりとランサーを睨みつけて、唸る。

降参だと言わんばかりに両手を挙げながら、ランサーは苦笑した。

「や、そういうワケじゃないけど。アンタが泣くとこ見たことなかったしな」

 ぽり、と誤魔化すように上空に視線を彷徨わせながら、ぼそぼそと呟く。

「……そうですね、正確には泣くようになった、と言うべきなのでしょうか……」

 呟き、手の甲で涙を拭き取りながら──バゼットは静かに問いかけた。

「ランサー、知っていましたか。ヒトは──悲しいときだけではない。嬉しい時にも、泣くことが出来る……」

「はあ──? ったく、何当たり前のコト言ってんだか。ああ、ったく、こういうのは苦手なんだがなあ──」

 がりがりと頭をかきながら、ランサーはバゼットへと近づくと、ほらよ、と一枚のハンカチを手渡した。

「──ほら、見てないでやるから涙ふいちまえ」

言って、くるりと背後を向き、両手を頭の後ろで組む。

その背中を見据えながら──バゼットはハンカチに目を落とした。

白いレースのついた、やけに高そうな代物。

ついでに付け加えるのならば、おおよそこの男には似合っていない。

(ああもう……こんな時に、他の女のものを手渡すなんて……)

ふっ、と苦笑して。

じっとそれを見つめ。

すん、と鼻をすすり。

はっ、と目を見開き。

慌ててポケットを漁り、彼女は中から何かを取り出す──

──そこにあったのは、青い小さな紙袋。

口は白いハート型のシールで止められている。

先日彼女が購入したものだった。

「これを……」

 言いながら、そっと紙袋をハンカチに包み込んでいく。

「今日は、本当は……貴方に渡そうと思いまして」

 ぱたん……

 ハンカチを閉じ終え、未だ後ろを向いたままのランサーの背中をそっと見据え……バゼットは静かにかぶりを振った。

「いえ──違いますね。本当は、これはもう、必要ない……」

 そして、苦笑する。

 苦笑しながら──もう一度ハンカチの端をそろえ、そっとランサーの横から手を差し出した。

「……後で、開けてください」

「あ? 今でいいだろ、そんなもん」

 言いながらランサーはくるりと向き直ろうとして。

 そして、それをバゼットが必死にとどめた。

「後で──」

決して顔をあげないように俯いたまま、ぼそぼそと告げる。

──彼女の耳たぶは今や真っ赤になっていた。

「後でないと……その、駄目だ。私が困る。困るんです」

「……はいはい」

 苦笑して、ランサーはハンカチをポケットにねじ込んだ。

 それを確認して、バゼットはほうと息を吐いた。

「────ふう。ああ、やっと肩の荷が下りた気がします」

「……どうしたよ、本当にさ」

 再び振り返ろうとするランサーに一歩近づき、バゼットは静かに首を振り──自分もまた、後ろに向き直った。

 とん──、と。

 バゼットの肩が、ランサーの背中に当たる。

 背中合わせになりながら、バゼットは眩しそうに夕焼けを見つめた。

「……なんでもないです。少しばかり運命とやらを信じてみたくなっただけですので」

「へえ」

 曖昧な返答。少しばかりの苦笑。

「……ランサー」

 その呼びかけは、そっと──優しく。

「ん」

 答えるその声は、ぶっきらぼうに。

「そろそろ……行くことにします」

「ああ、そうかい」

 背中合わせのまま、ランサーはぼそりと頷いた。

「また──な」

「ええ、また」

 こくり、と。

 バゼットはその言葉を噛み締めるように──その手を握りしめる。

「……3秒後に」

 バゼットは夕焼けを眺めながら、口を開いた。

「3秒後にスタート、しませんか」

「……なんでよ?」

 意味がわからない、と言うような口調のランサーに。

 バゼットはえへん、と胸を張って、言い切る。

「なんとなく、です」

「はいはい。全く、ワケわかんないけどな」

 今度こそ、完全に苦笑。

「はいは一回。──ほらほら、踵を合わせて」

 せかす声。

「ったく、何だっていうんだかなあ」

 ぼやく声。

「文句ばっかりたれているんじゃありません」

 全くもう、と呆れる声。

「へいへいっと」

 苦笑する声──

 

 

 

 

 

 

3、 大きく息を吸い込む。

 

 

 

 

 

 

「つうかな、スタートっても、俺は別にどこに行く気もないんだけどなあ」

 

 

 

 

 

 

2、 彼らしい口調に苦笑する。

 

 

 

 

 

 

「黙りなさい。久しぶりの再会なんです。ちょっとした我侭につきあってくれてもいいでしょう」

 

 

 

 

 

 

1、  今まで通りの切り返し。

 

 

 

 

 

 

「──そうだな。了解だよ、マスター(バゼット)

 

 

 

 

 

 

皮肉げな笑い声。

 

 

 

 

 

 

0、 閉じていた視界が開き。

 

 

 

 

 

 

背中越しに感じていた温もりが、薄い名残を残して離れる。

 

 

 

 

 

 

──この場にとどまって永劫に   のではなく。

たとえ    としても、次にあるものを目指す。

別れるための別離(スタート)ではなく。

もう一度、再び会うための出発。

だから、前へ。

  もっとずっと、前へ────。

 

 

 

 

 

 

「ようい」

 そしてバゼットは、ゆっくりと一歩を踏み出して──

「どん──」

 ──夕暮れの港。海風が吹き、空へと舞い上がった。

 

 

 

──── 0。

 










SS TOPへ