×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

えくすかりぱー

 

 

 

「大変ですシロウ!」

と叫びつつ真っ青な顔で居間に入ってきたのはセイバーだった。

士郎はん? とのんびり振り返りながら、

「どしたんだセイバー。お腹すいたのか?」

「はいっ!」

 ぎゅむ、と拳を握って全力で頷いてから──はっとセイバーは顔をあげ、ぶんぶかと首を横に振った。

「ってそうではありません!」

 それを聞いて、士郎の隣に座っていた凛が、机の上にあった『セイバー専用』と書かれたおやつボックスに手を伸ばす。

「あ、そうなの?じゃあこれもーらいっ」

「凛。それ以上手を伸ばせば腕がなくなりますが?」

 ぎらり、と殺意の篭った眼差し。凛はさっと手を引っ込める。

 落ち着け、と手で制しながら士郎は尋ねた。

「で、なにがさ」

「これです!」

 言ってセイバーが眼前に突き出したのは、一振りの剣だった。約束された勝利の剣(エクスカリバー)。言わずもがな、セイバーたる彼女の宝具である。

「……それがどうしたんだ?」

 首をかしげる士郎に、セイバーは『くわっ』と目を見開くと、

「よく見てください、ここです!」

 言って、剣の刃の先端を指し示した。両刃剣ならば通常、先端にいくほどその幅は狭く鋭くなっていく。だが。

「なんだかぷくっとしてるのです!」

 先端は確かに途中まで収束していっているのだが──大体半分ほど行ったところで、急激に膨れ上がり、円を描いていた。簡単に言えば、先端はてるてる坊主のような形状になっているのだった。

 が。

「んーまあそれもそれでありだろ?」

「そうね個性の時代だしね」

 士郎と凛はあっさりと流した。

「駄目ですよ!」

 セイバーは納得できないのか、庭に降り立つと、剣を構えてみせて、

「そ、それにですね! ……見ててください?」

 言って彼女はやおら武装を身に纏った。きっと視線を鋭くし、剣を振りかぶり──

約束された(エクス)──」

 そして、勢いをつけて、踏み込むと同時に剣を振り下ろす!

勝利の剣(カリパー)ッ!」

「ぱ?」

 士郎は聞き逃さなかった。

 そして。

 

 もわんっ。

 

 緑色のふわふわした光が発生した。半径1メートルほどの発光体は、何をするでもなく庭の上を漂っている。

『…………………………。』

 さすがに居間にいる皆も押し黙った。

「し、真名も変わっているのです!」

 どうですか! とセイバーが半泣きになりながら叫ぶ。

「すごいへっぽこさだな。ダメージとかあるのこれ」

 唸る士郎をよそに、凛はすたっと庭に降り立つと、ちょんっと光に触れた。緑色の光は数秒遅れてふわふわと凛の体にまとわりついた。

うあ、と凛は呻き声をあげる。

「あーうん、なんかね、少し肩が凝る。こうなんてゆーか1時間くらい勉強頑張ったあとくらい」

「また微妙だなあ」

「微妙とか言わないで下さいっ!」

 がすがすと剣を地面につきたて、セイバーが叫ぶ。と。

 

 ぽきんっ。

 

 剣のてるてる坊主の頭の部分があっけなく折れた。

「あ。元に戻りました。」

 剣を見下ろしながら、あっさりとセイバーが呟いた。

「えー」

 さすがに士郎が呻き声をあげる。

「でもこれなんだったの?」

 ひょい、と剣の欠片を拾い上げ、凛は呻く。

「そうですね──」

 セイバーはふむ、と考え込んでから、

「まあ解決したしどうでもいいですね。それより士郎ご飯です!」

 あっさりと言い捨ててすたこら居間へと入っていった。

『…………………………………。』

 沈黙。士郎と凛は半眼で押し黙っていたが、やがてのろのろと口を開くと、

「士郎今日タコづくしね」

「そだな。」

 完。

 





SS TOPへ