×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

でかさくら

 

 

 

「せ、せんぱいー!」

 衛宮邸、居間──

 士郎がのんびりとお茶をすすっていると、庭の方からそんな悲鳴が聞こえてきた。

「……なんだ? 桜か?」

 疑問に思いながらも、外へと出る。

 そこには。

「なんだかこんなコトって、なんでなんですかー!?」

 と喚く、全長5メートルほどの桜がいた。いつもの服を着て、体育すわりで。

「うわあ」

 とりあえず口からこぼれたのは、そんなうめき声だった。

「ちび凛、ぷちセイバーときて」

 と、隣から声が聞こえて振り向く──そこには凛がうんうんと頷き、半ば感心するように口を歪めていた。

「まさかでっかくなるとはねえ」

「でかさくら、ですか?」

 ぽつりとカレンが呟く。

「嫌ですそんなかわいくないの!」

「まあまあ」

 至極最もな桜の悲鳴に、バゼットが笑ってとりなそうとする。その一片に邪悪ななにかをひそませながら。

「でか()くら、よりはましではないですか」

「うわああああん!」

 とうとう泣き出す桜。

「これ、どうやったら治るんですかあ!?」

「知らねーわよ。」

 ちびの方だって戻ってないでしょうに、と半眼で呟く凛に、しかし桜はかぶりを振って、

「どうせ姉さんがやったに決まってます! 姉さんはそういう人ですから!」

「ああ、そう」

 あっはは、と笑いながらぴきぴきとこめかみを引きつらせる凛。桜は頭を抱えながら続ける。

「そうです、そうに決まってます! この性悪女狐、ああやっぱりあの時殺したり潰したり肉奴隷っぽくしておけばー!」

「あ、ごめんそれ私」

 と。これ以上ないタイミングで現れたのはイリヤだった。

「へ」

 桜がぽかんと口を開けて硬直する──

「イリヤ、ちゃん?」

  聞き返すと、イリヤは軽く肩を竦めながら、

「うん、なんか色々実験してたらそんなふうになっちゃった。ごめーん」

「ご、ごめん、ってそんなので済むと思ってるんですか!?」

 ぎゃあぎゃあと喚く桜に、うるさいわね、と眉を潜めながらイリヤは、

「ちなみに解毒薬は凛に渡してあるからね」

「へ」

再び硬直する桜。

凛は手に緑色の液体の入った試験管を持っていた。

「ね、姉さん?」

 恐る恐る桜が尋ねると、凛はにこにこと笑いながら、

「えーと、殺しておけば、なんだっけ?」

がちゃーん。

あくまでも笑いながら、試験管を地面に叩きつける。

「うあああああああああああああ」

「えーと」

 一連の成り行きを見守りながら呻く士郎。その横でカレンがぼそりと呟いている。

「こうして、元にもどれなくなった桜さんは、でかくなったまま一生独りで暮らしましたとさ。めでたしめでたし」

「勝手に変なナレーションつけないでください!」

 全力で叫ぶ桜──が、やがて頭を抱えると、

「ああああああ。もう嫌です。なんでたまに主人公とかになったらこんなのなんですかあ……」

「だって」

 凛がちらりとカレンを見ると、彼女もまた静かに頷いて、

「そうですね」

 士郎もまた苦笑して。

「まあ、なあ?」

 そして。全員が口をそろえて、

『そういうキャラだし?』

「ぎゃふん。」

完。








SS TOPへ