×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

駄目王

 

 

 

「調子にのって三・回・目ー!」

 と言いつつ『ずぱんっ!』と衛宮邸の襖を開け放ったのは、ギルガメッシュだった。

 そして──

「と言う訳なんだセイバー。頼むから働いてくれ」

「お断りです。ニートにはニートの意地がある。この剣にかけても、私は死んでも労働を拒否します!」

「くうう、さすがセイバー、手ごわいわね……!」

「そうですね。まさにニートオブニート、開き直ったニートがここまで手ごわい相手だとは……!」

 士郎と凛と桜の三人は、セイバーと何やら白熱した口論をかわしているようで、ギルガメッシュには気づきもしていないようだった。

 ギルガメッシュは微妙に控えめに手を伸ばしつつ、

「お、おい貴様ら? ちょっといいか?」

「いいかセイバー、よく考えろ。基本的に働かないとお金は手に入らないんだ。つまり金がないと、買い物ができない。食料も買えない。と言うことは──そう、満足な食事にありつけないんだ!」

「ではシロウが養ってください永遠に奴隷の如く。」

「………………………………………。」

 さらりと即座に返すセイバーの言葉に、士郎はただただ首を振ってがくりとうな垂れる。

 それを横目で見つつ、今度は凛が『ばっ!』と手を振り一歩前に踏み出した。

「くっ、撃沈か。甘いわね士郎、わたしならこうする──!」

 言いつつ、びっと指を突きつけ、あくまで声高に威厳を保つようにして、告げる。

「いいことセイバー。働かないのならご飯抜くわよっ!?」

「凛。そうなれば恐らく私は貴女を手にかけることも辞さない」

「ごめん許して」

 真顔でセイバーに言い切られ、凛はそう言いながらすたこらと逃げ出した。

 最後に残された桜は、ごくりと喉を鳴らしつつ、ぎゅっと拳を握る。

「さすがセイバーさん。ニートなのにこの横暴さ、さすがです……! 駄目駄目にもほどがありますね……!」

 その背後から、こっそりとギルガメッシュが近づいて耳打ちする。

「な、なあ腹黒娘? 今回は(オレ)の出番は……?」

「……いいですか、セイバーさん──!」

 確実に聞こえているはずのその声を、桜はきっぱりと無視した。

「………………ふっ。」

 妙に悟りきったようなそんな目をしつつ、いじけていたりする。が、それでもギルガメッシュはすぐに復活すると、士郎の傍に駆け寄った。なにやらばたばたと手を振り回しつつ、

「お、おい雑種? 今回は駄目王なんだからして、ええと、(オレ)はこんなにも駄目なんだぞー、とかだな?」

 しかし士郎は静かに首を振った。あまつさえ拳をぐぐっと握り締め、告げる。

「いや違う。アンタは最高だ。金持ちだし何より奴隷だしな」

「そ、そうか?」

 続いて凛もまたそれに賛同する。

「そうよ。なんてったって金持ちだものね! あ、奴隷お茶ね5秒以内あと一億よこしなさい」

 そうですねえ、と桜もまた微苦笑を漏らす。

「これで容姿と性格さえ違えば完璧なんですけどねえ」

「……なぜか全否定されてる気もしないでもないのだが」

 納得できないのか、しきりに首をしねるギルガメッシュ。

「──わかりました」

 と。涼やかに提案したのはセイバーだった。ふっ、と不敵に笑いつつ、セイバーは。

「つまりあれですね、お金を入れればいいのですね?」

「え、いや、ほんとは駄目だけど、まあとりあえずいれてくれれば助かる、けど──?」

 曖昧に頷く士郎をよそに、セイバーは大きく息を吸い込むと、

「──ギルガメッシュ!」

「む、なんだ?」

 『ぽっ』と微妙に頬を染めつつ聞き返す。その後ろでは凛がうわ、きもっ、と呟いていたりするのだが。

 そしてセイバーは、迷いなど欠片もない表情でギルガメッシュを見据えた後、『ばっ!』と頭を下げ、両手を手のひらを上にして突き出し、

「お金を、よこしなさいっ!」

『や、本気で駄目だなアンタ。』

完。








SS TOPへ