×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

CUT,CUT,CUT!

 

 

 

「そういえばさ」

 昼休み。いつもの場所で弁当を食べながら、杏は呟いた。

「髪、伸びてきたんじゃない?」

「……そうかもな」

 朋也は玉子焼きを飲み込むと、自分の前髪を摘んで見せた。

「あ、じゃあさ」

 ぱんと手を打ち、杏はにこにこと笑いながら、

「あたしが切ってあげようか?」

 

 

 

「で」

 杏の部屋の中央で椅子に座らされ、紐で縛られた状態で、春原は呻いた。帰りがけに拉致──としか言いようがない──されたのだった。

「なんで僕が切られなきゃいけないのさ」

「実験台だな」

 朋也はきっぱりと言い切った。

「身も蓋もないっすねえ!」

 たまらずに叫ぶ春原。

「第一なんで縛られてるのさ! ねえ!」

「気にするなよ」

さわやかに言う朋也。

「するよ、おもいっきり!」

 ますます喚く春原。

「はいはい、ぎゃーぎゃーわめかない」

 間に入り、落ち着かせようとする杏。

「わめきもするよ!」

「じゃあ、いくわよ」

 全く会話を噛み合わせるつもりはないのか、杏はいたってマイペースに告げた。ちらりと春原を見てから、めんどくさそうに、

「……五分刈りでいいわよね?」

「選択権なしっすかっ!?」

 叫ぶ。が、杏はへらへらと笑いながら、

「いーじゃない。きっと似合うわよ。五分刈り」

「……そ、そうかな」

 少し声のトーンを落として、春原。

「そうだな。五分刈りにするために生まれてきたような顔してるな」

 しみじみと朋也は頷いた。

「そ、そうなんだ?」

 ちらりとそっちを向き、春原は聞き返す。

「ばかねえ。あんた、今までの人生、その髪型で一体何割損してると思ってるのよ……」

 至って真面目な顔をしてさらりと告げる杏。

 春原はぱっと顔を輝かせると、

「そうだよねっ! それじゃあ杏、ネオ春原って感じでさくっと頼むよ!」

「はいはーい」

 適当に返事をして、杏。

 そして。

「ど……どうかな?」

 ――大体10分後。

 不安と期待の入り混じった声で、春原は尋ねた。

「あー」

 杏はぼりぼりと頭をかきながら、

「ごめん、ミスった」

「あっさり!?」

 物凄い勢いで首を曲げ、杏に向き直る春原。

 ……子供のやった草刈とでもいえばいいのだろうか。

 長さはまちまちであり、そして場所によっては恐ろしく直線で揃えられている。めんどくさくなったのか、頭頂部に至っては『じゃきんっ!』 と一回切ってそれで終わりだった。

「五分刈りで失敗って何さ!ちょっと鏡みせてよっ!」

「えっとな」

 喚き散らす春原の方に手を置き、頬に一筋汗をたらしながら、朋也は優しく告げる。

「似合ってるぞ」

「絶対なぐさめっすよねえそれ!」

「うん」

「まあ」

 あっさりと頷く二人。

「あーもー!」

 地団駄を踏んで叫ぶ春原。

「いーじゃない別に」

 やかましそうに眉をひそめながら、杏は言ってのけた。

「あんたのことなんて誰も気にしないわよ」

「なにげに存在否定っすか!」

 杏は叫ぶ春原をスルーし、朋也に向き直った。しゃきん、とハサミを鳴らしながら、

「じゃあ次、朋也ね?」

「あー、ええと」

 あとずさりながら、朋也は呻く──

「――そ、そうだ。それもいいけど、そのまえに飯でもどうだ? 腹へっただろ」

「え? あ、うん、まあちょっと」

 きょとんとしつつも、杏は頷いた。

 朋也はさらに勢いよく喋る。手に財布を握り締めて、

「ようしまかせろ、ここはひとつ俺がおごってやるから!」

「って、それ僕の財布っすよねえ!」

 はっと気づいた春原が叫んだ。

「え、ほんとっ! じゃあパスタとかがいいかなあ」

 杏はナチュラルに無視した。

「よし、まかせろ」

 どん、と胸をたたいて朋也は鷹揚に頷いてみせる。

「いやだから、それ僕の――」

「ほら、そんなハサミなんかほっておいてさ」

 杏の耳元に囁きつつ、その手からそっとハサミを取り上げ、適当にほうり捨てる朋也。

「う、うん……」

 顔を真っ赤にしながらも、杏は抵抗せずに肩を抱かれている。

 さくっ、と春原の足の数センチ先に、落下したハサミが突き刺さった。

「ひいいっ!?」

 顔を真っ青にして、春原が悲鳴をあげた。

「って――」

 部屋から出て行こうとしている二人を見咎めて、慌てて春原は声を張り上げた。

「ちょっとまて、ほどいてってよ! ねえ、おかざ」

ばたん。





SS TOPへ